そて積み上げられた巨額の債務残高よる金融システム自体の不

そて積み上げられた巨額の債務残高よる金融システム自体の不安定化招く財政への信認。経済政策論の問題で、わないころあるので()の中入る語句わかる方いらっゃいら(>_<)

財政政策、過小供給なる公共財市場、過剰利益生む 独占市場など「( )」対て税金や補助金など用いて資源配分の効率化図る( )、政府介入て所得や資産の格差是正するな( )、そて雇用?物価?国際支出な安定、経済の変動穏やかするいう( )目標て施行されている
か、行きすぎた財政政策、財政悪化させ国債発行なければならなくなる
結果、国債の( )の増加政策経費圧迫する公的サービスの水準の( )、残された債務将来世代の負担なる( )の不公平、民間の貯蓄資金政府部門吸収てまうこよる民間部門の経済活力の( )、そて積み上げられた巨額の債務残高よる金融システム自体の不安定化招く財政への信認( )よる金利( )な問題生じる

長くて申訳ないの、よろくお願います

市場の失敗資源配分所得再分配経済安定化発行額低下世代間低下低下上昇財政政策は、過小供給となる公共財市場、過剰利益を生む独占市場などモラルハザードに対して税金や補助金などを用いて資源配分の効率化を図る逆選抜、政府が介入して所得や資産の格差を是正するなどの財政投融資、そして雇用?物価?国際支出などの安定により、経済の変動を穏やかにするという黄金律を目標として施行されている。しかし、行きすぎた財政政策は、財政を悪化させ国債を発行しなければならなくなる。この結果、国債の乗数効果の増加が政策経費を圧迫する公的サービスの水準の情報レント、残された債務が将来世代の負担となるパレート基準の不公平、民間の貯蓄資金を政府部門が吸収してしまうことによる民間部門の経済活力の鈍化定理、そして積み上げられた巨額の債務残高による金融システム自体の不安定化が招く財政への信認決済による金利裁定条件などの問題が生じる。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です