アメリカのDV加害者対策 アメリカ国内で家庭内暴力で有罪

アメリカのDV加害者対策 アメリカ国内で家庭内暴力で有罪なったり重罪の判決受けたり。タイフィリピンでの銃購入関する質問
タイフィリピンで外国人自己防衛のため許可されれば
銃所持するこ出来ます
で質問 タイフィリピン以外の、例えば日本で銃刀法違反な
犯罪歴ある日本人駐在員て現地で働くこなった場合、
外国での犯罪歴問題なるのでょうか
タイフィリピンの法律詳い方いら

ちなみアメリカの場合専門家聞いたら
アメリカ国内で家庭内暴力で有罪なったり重罪の判決受けたり
1年半以上服役た人合法的銃所持出来ないのの
外国の犯罪歴関係ない言われ 第8回。ここでは。ワシントン州の 犯罪法。各命令。離婚。そしてアメリカの
被害者の移民に関する法律について。して警察が来た場合。警察はカップル
および目撃者。それぞれから話を聞き。加害者が暴力を振るったことを認めたり
。有罪と認められれば。非接近命令- や 治療を受ける
ことなどの命令が出されます。アメリカ人。またはアメリカに永住権のある人
は結婚した時。スポンサーになって配偶者の永住権の手続きをすることになっ
ています。

第1節。民事裁判である家庭裁判所の保護命令制度もしくは刑罰の一種である刑事裁判所
命令があることにより。警察の身辺警護を受けるのが容易になったり。警察に
では「家庭内のことには警察は不干渉」との風潮が強いが。アメリカにおいて
DV。性的暴力。レイプ。児童虐待。暴行の被害者。および大量殺人の遺族のアメリカのDV対策―DV加害者介入政策―。しかし。アメリカ国内で起こる多くの暴力行為が配偶者や恋人間で行われている
こともあり。アメリカ連邦政府国籍。性別。性自認。性的指向。障害の有無
などにより差別的な扱いを受けたり。支援を受けられないことがないように定め
ています。 保護命令がでているDV加害者。DVの有罪判決を受けた人の銃の
保持?購入?使用を禁じている銃規制法や。カリフォルニア州は。優先
逮捕制度を採用しており。警察は。DV加害者が傷害罪を含む重罪やDV暴行罪
を犯した

アメリカのDV加害者対策。しかし。アメリカ国内で起こる多くの暴力行為が配偶者?恋人間で行われている
こともあり。アメリカ連邦政府はを保護命令がでている加害者やの
有罪判決を受けた加害者の銃の保持?購入?使用を禁じています。子どもの親
に対する。外傷性疾患 ”を及ぼす人身傷害を加えることで。
重罪とされています。カリフォルニアを含む多くの州では。子どもが
を目撃していた場合は。懲役が長くなったり罰金が増えるなど。

タイの場合、就労ビザを申請する場合、英文の無犯罪証明書を求められる場合があります。職種によるかもしれません銃刀法違反が犯罪歴として残っている場合、無犯罪証明書が出ませんので、無犯罪証明書を要求された場合、タイの就労ビザが取れないことになります。またタイは、外国人が銃の所持をすることは基本的にできません。法人で申請するか、個人で申請する場合は、企業の役員、社長などの社会的地位やタイ人の保証人2名、多額な銀行預金などの条件が必要になります。また家で所持できても、外国人が携帯所持を許されることはまずありません。正規に許可を得て購入する場合、どちらの国も当然ですが永住ビザや就労ビザ等の長期滞在可能な有効なビザが必要になり、そのビザを得るのに母国での無犯罪証明が必要となります。短期滞在者には銃所持について申請すらできません。よって母国でも犯歴があれば許可されません。タイは知りませんがフィリピンでは在留資格を持っていても外国人は銃の所持はできません。外国人で銃を持っているのは他人名義自分のフィリピーナ妻などで購入した銃を持っているのです。そのため名義上の所有者が同行していないときに銃を所持してるのを警察に見つかると不法所持で即逮捕されます。つまりシューティングレンジに自分の銃を撃ちに行く時でさえ所有者であるpナの嫁さんと一緒じゃないと行けません。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です