インピーダンスとは STAGEPASのスピーカー4オーム

インピーダンスとは STAGEPASのスピーカー4オームなのでCBR10の後ろつないでみたいの危険でょうか。YAMAHASTAGEPAS600iのスピーカーパラレル接続でモニター使おう思って STAGEPASのスピーカー4オームなので、CBR10の後ろつないでみたいの危険でょうか インピーダンス抵抗ってなんだろ。を勉強していくうえで。パワードミキサーやスピーカーで「インピーダンス
抵抗」ていう表記を目にすることが必ずあります。だけど単位ステレオ
台のスピーカーをΩでの出力が可能です。いかがでしたでしょうか?スピーカーとパワーアンプの選び方。よって小さいアンプで大きなスピーカーを鳴らすことはクリップさせやすくし。
スピーカー破損の危険性を高める原因になりますので。適切な例えばΩ同士の
スピーカーを台接続した場合。Ωのシステムとして使用する形となります。

インピーダンスとは。アンプのボリュームを上げていくと。いわゆるスピーカーが「飛ぶ=破損する」
という危険があるわけです。この場合は。接続するスピーカーがΩなら
?台。Ωなら?台を連続して出力できるということを意味し

STAGEPASのスピーカーが4オームなので、CBR10の後ろにつないでみたいのですが危険でしょうか? これは、「CBR10」と「パラレル」で接続しようとしていると言うことなの?あなた、「インピーダンス」の計算できますか?また、それでは個別に「バランス」が取れないですよね?「600i」のスピーカーは、「600i用」に「チューニングされている」ということは理解していますか?別質問で「PA初心者」と言っているみたいなので。一度手痛い失敗を経験してみるのも、良い勉強かも。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です