オーバルトール ただ動摩擦で重力のみよる等加速度運動のき

オーバルトール ただ動摩擦で重力のみよる等加速度運動のき摩擦力=mgsinθならないので物体受ける力mgならない。物理の質問

摩擦力のある斜面上物体重力等加速度運動ているき、斜面物体受ける力どうなり

静止や等速なら摩擦力=mgsinθなり、斜面受ける力 mgなります
ただ、動摩擦で重力のみよる等加速度運動のき摩擦力=mgsinθならないので、物体受ける力mgならない
いうこ斜面する、物体等加速度運動するき軽く感じるのでょうか 高校物理質問スレpart32。物理の先生が「最大静止摩擦力は垂直抗力に比例しますが。理由をきちんと
むしろなんで摩擦力が面積によらないのかが不思議でならない加速度系では
見かけの力を定義して物体の運動方程式を解くことになる。地球の運動にも
よる=^/…② 次にの運動を考えます には 重力 床から受ける垂直
方向

オーバルトール。フランス建築家のビンテージスツールから影響を受けて。スタンダードで当然
。その運動エネルギーが等しいので。速さは同じです。台車は坂を下っている
間に加速しますが。単位時間の加速は斜面の傾きが力 も。 重力も。 摩擦力も
だけ引き上げる間。ずっと働いてます。で最後に。等加速度直線運摩擦力を受ける運動。摩擦力には。静止摩擦力と動摩擦力がありましたが。静止摩擦力というのは物体
が静止しているときの話なのでここでは関係斜面上の運動』でも述べたように
。静止しているときは加速度が なのだから運動方程式が立てられませんし。
静止して物理の問題を解く上で注意しなければならないのは。力を一瞬だけ
加えるのか。ずっと加え続けるのかということです。たいていの場合。動摩擦
力より最大静止摩擦力の方が大きいので。止まっている物体に = μ&#; の力を
加えても

第1節。理科総合では基本的に一直線上の運動のみを扱うことから,教科書でも速度を
ベクトルとして扱う記述は最小限にとどめてある。これらのつの速さの表し
方のうち,物理では時間的変化という観点から前者を用いて体系化しているので
ある。にすぎないことに注意しなければならない。ただ等加速度のときは両者
は一致するだけのことである。 ◇力の三要素②力には,筋肉による力,重力,
摩擦力,静電気の力,磁石の力などがある。 ③力動摩擦力=動摩擦係数×垂直
抗力

軽く感じるこの言葉が文学的表現なので、物理的には何ともお答えできませんが???。まずは、復習から入りましょう。物体が斜面から受ける力を広義抗力といいます。1その斜面との垂直成分を、垂直抗力と呼びます。2その斜面との水平成分を摩擦力、と呼びます。甲物体が静止しているか、”等速直線運動” している場合には、1の大きさは、mg?cosθ、2の大きさは、mg?sinθになります。乙”当加速度運動”している場合は、1の大きさは甲の場合と同じ、mg?cosθ、2の大きさは、mg?sinθより”やや小さくなります”この力の大きさをαとします。三平方の定理より、乙の場合の広義抗力は、mg?cosθ^2 + α^2 なので、甲の場合よりも幾分小さくなる、ことが分かりますね。まとめると、垂直抗力は、甲乙で同じ。 広義抗力は、摩擦力が小さくなる分、乙の方が小さくなる、です。また、乙の場合、台には、物体から広義抗力の逆向きの力がかかります。これについても、地球に対する垂直成分3と水平成分4に分けて考えると、甲の場合、3はmg、4はゼロ、乙の場合、3はmgよりは幾分小さい、4は物体が進む方向と逆方向に、いくらかの力がかかる、という事です。 乙の場合、3はmgよりは幾分小さいので、物体の乗っている斜面台を垂直方面の力のみを計測する秤にかければ、甲に比べて乙の方が幾分軽くなります。これは、エレベータの下り始めに、エレベータ上での体重が軽くなる現象と同じです。図を描けばすぐわかるように、物体が静止または等速直線運動しているときに比べて、物体が加速度をもってすべり落ちているときのほうが、物体が斜面に及ぼす力が小さくなります。また、力の向きも、鉛直下向きでなく、物体の運動方向と反対の方向に傾きます。したがって、次のことが言えます。?斜面を置いてある台にかかる荷重は小さくなる。?斜面とその下の台の間に摩擦力が働かないなら、斜面は物体と反対方向の加速度をもって運動する。疑問点などがあれば返信してください。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です