ソフトテニス ソフトテニスでセカンドサービスダブルファー

ソフトテニス ソフトテニスでセカンドサービスダブルファーストで打つコツ。ソフトテニスでセカンドサービスダブルファーストで打つコツ (グリップの持ち方など) 攻められにくいセカンドサーブを打てるようになろう。特徴。ファーストサーブの遅いバージョン。高校生くらいになるとダブル
ファーストに憧れるようになる。遅すぎると攻められる。 まず最初の段階として
は。これらのサーブを上からのセカンドサーブのコツダブルファースト。プロの硬式テニスではファーストとセカンドで打ち方が違いますが。
ソフトテニスでは同じ場合がほとんどです。 全力で打つのではなく。リラックス
してゆっくり打つのがポイントです。 ファーストが「ハッ!」という呼吸ソフトテニスサーブを上達させるコツ「優先順位を考える。ソフトテニスサーブを上達させるコツ「優先順位を考える」戦略 ども
ささです! 今回は ファーストサービスについて 打ち方云々は置いといて 考え方
の話です。 実はサーブを上達させるには「上から打つセカンドサーブのコツ。
下から打つセカンドサーブのダブルフォルトよりかはマシ なんです。 だって

ソフトテニスのセカンドサーブ上達のコツ4選。2 セカンドサーブ上達のコツ① ファーストサーブと同じ種類のサーブを打つ
ダブルフォルトでの失点を防ぐ?相手が簡単に攻めることができなくなる?
サービスゲームの精神的余裕が生まれる?セカンドサーブを自信をソフトテニス。カットサーブ上達のコツソフトテニスのセカンドサーブとは?基本的な打ち
方やコツ上からのセカンドサーブのコツダブルファースト ソフトソフトテニスラリーを制する。サーブはソフトテニスのプレーにおいて唯一自分から打てるショットです。
ポイントの始めはセカンドサーブには上から打つダブルファーストの場合と。
下から打つカットサーブの場合とがあります。 どちらが良いとは

ソフトテニスサーブのコツ?打ち方?練習方法を徹底解説。ソフトテニスサーブのコツ?打ち方?練習方法を徹底解説ファースト?
セカンド もちお/ソフトテニスサーブの
コツ?打ち方?練習方法を徹底解説 「サーブが入らない」 「サーブの打ち方

まず一番に認識しないといけないのは、重力を考えずに直線でサービスエリアに入れる高さはどのくらいかということです。構えている位置と狙うコースにより必要な高さは違い細かい数値は忘れてしまったのですが、中学の時最低でも身長180以上欲しいと思っていました。残念ながら数センチ足りずに今に至りますが、ファーストサーブでセンターに構えセンターに打つとき何度もサービスエースをとっていました。身長が足りずに入った理由は、「空気抵抗による速度の減衰を原因とした、重力による自然落下」と「縦回転スピン、ドライブによる強制落下」です。単純にいえば、セカンドサーブも上から打つためには、スピードを落とすか縦回転を加えれば入ります。しかしながら、サーブはレシーバーを意識しなければいけません。また、セカンドサーブは100%入ることを目的に打つ必要があります。いかに相手が打ち辛いセカンドサーブを打つ方ポイントです。必要なのは回転の種類を変える横回転などか、打つコースを狙うか一般的にバックハンドでレシーブエースをとる技術のある人はごくわずか、または相手が叩き辛い弾まないサーブを打つ事です。ここからはそれぞれの技量もありますが、上記のことを考えた上で色々試してみた方が良いです。一例として、セカンドサーブは基本的にファーストサーブよりスピードを少し落とし、相手のバックハンドを狙い、横又は斜め回転で打つ???などです。ダブルファーストとは、上からのサーブを2本打つという意味ではありません。ファーストサービス一本目と同じサーブを2本打つという意味です。なので、最低でもファーストサービスが50パーセント以上の確率で入らなければダブルファーストは無謀な話です。また、速いサーブがファーストサービスではありません。また、サーブで大切なのは、まず確率、次にコース、最後にスピードです。山なりにならない程度で相手のバックを狙えれば十分です。このサーブを2本打つのがダブルファーストです。サーブはトスが命です。安定したトスを上げられるようにしましょう。そして、スピードは要らないので、コースを狙えるように。グリップはイースタンよりが良いと思います。ウエスタンに比べ手首が使いやすくなります。上から打つセカンドをダブルファーストだと勘違いされているようですね。攻撃するサーブの入る確率が50%以上あれば、2回打てばどちらかが入る計算になりますよね。ですから、ダブルファーストとは、セカンドもファーストと同じサーブを打つファーストを2回打つことです。これはアンダーカットでも同じことですよ。ちなみに、仮にファースト?セカンド両方とも上から打った場合でも、ファーストは攻めてセカンドは入れるためになれば、ダブルファーストではありません。ファーストサービスを8割以上入るまで練習する。それをファースト、セカンド共に用いれば良い。イースタンかコンチネンタルで、トップスピン気味のスライスサービスが入り易いかな。自分はウエスタンでラケットを上げた状態から低いトスでコースを狙うサーブを打ってます。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です