トロッコ問題Trolley トロッコ問題ってあるじゃない

トロッコ問題Trolley トロッコ問題ってあるじゃないか。トロッコ問題ってあるじゃないか 結局って分かって、言いたいんか 人間の倫理は非理性的か:「トロッコ問題」が示すパラドックス。一方で。同様の命の救い方が。良心に欠けると感じられる状況もある。道徳観念
において。われわれの考え方は思ったほど理性的ではないのかもしれない。 「
興味深いのは。一貫性に欠けこんな方法があったのか。有名な思考実験「トロッコ問題トロリー問題」について。全員の命を救える
最適解が明らかに左右どちらのレールにも接触していないため。このままでは
フランジが力を受けることができずに脱線する ポイントの役割は。その押し
当てる力をトングレール分岐点にある可動レールで受け止めて。別のレール
へ誘導写真じゃないの!?訃報」「愛猫」「手風琴」って読める?

5人を助けるために1人を殺すことは許されるのか。義務論では「人は手段ではなく。目的であるべき」で。「人の権利を尊重せよ」
と考える。多くの人を救うためであっても。その手段として人を殺すのは「
正しくない」となる。そこで議論は「トロッコ問題」倫理観で命の重さを測ることは許されるのか。犠牲となった人物はどちらにしても救われなかったわけですから。犠牲者目線
ではそこに良いも悪いもあるはずがありません。それなのに。その状況の印象
だけで結果の良し悪しが変わってしまうってなんだか怖くないですかトロッコ問題Trolley。多くの人を助けるためなら。人を犠牲にしてもよいのか」という倫理的ジレンマ
を問う思考実験を指す。トロッコ問題は。機械学習の用語というわけではない
が。自動運転などを含む/機械学習の倫理的な課題を考える際によく取り上げ
られる多くの調査では。回答者の約%が「人を犠牲にして。人を助ける」
という選択肢[サイドトラック]を選択するようである。

実社会では必ず誰かが犠牲になってしまう苦汁の決断を迫られる時が来るかもしれない。その時あなたはどういう行動を取りますか。決断を下す覚悟はできていますか。って感じです。最近は車の自動運転の話で出てきますね。AかBかという判断が出来ない問題が世の中にはあるって事です。AIが発達して自動運転が出来るようになったとして、どう判断するべき?という、なかなか答えが出ない問題で、いろんな人がいろんなことを言っています。論理学に出てくる例えのひとつだと思います思考実験のための設定善とは何か善の論争シミュレーションとか可能世界といったことを使って考えるためのサンプルだと思います

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です