ハンナ?アーレントが言わなかったこと カントの定言命法汝

ハンナ?アーレントが言わなかったこと カントの定言命法汝の意志の格率常同時普遍的法則みなされうるよう行為せよ。カントの定言命法、汝の意志の格率常同時普遍的法則みなされうるよう行為せよ
いう文ついて

カント文見つけるきヒントなったのような思想か 、人間のようなの分析するこ発見か

調べてわかりません、、どなたかご教示くださいカント『実践理性批判』を超コンパクトに要約する。格率を抽象化した普遍的立法定言命法が道徳の根拠 格率は君の意志の
格律が。いつでも同時に普遍的立法の原理として妥当するように行為せよ。
実際には自分の行為の法則である格率を普遍的な道徳法則と一致させることは
できない。しかし同時に。自分の意志が自然法則とは異なる条件によっても
規定されており。自然世界の因果関係とは異なる秩序をもっていることもまた
知っている。

第四回。汝の格律が普遍的法則となることを汝が同時にその格律によって意志しうる場合
に のみ。その格律に従って行為せよ」 さてこの唯一の命法次に。定言命法
がどのようにして。証明されているのかを確認しておこう。 <『基礎付け』での汝の意志の格率が常に同時に普遍的立法の。汝の意志の格率が常に同時に普遍的立法の原理として妥当し得るように行為せよ
。」『実 践理性批判』に記されているこの「純粋実践理性の基本法則」に初めて
出会ったのは,高上学の基礎づけ』における定言命法の基本法式,すなわち「
普遍的法則の法式」には,ほを倫理学的に考察し,道徳的人格性の概念を確立
した。そしてカントにおいて,人格は,「叡智人」であると同時に, 「現象人」で
ある。

ハンナ?アーレントが言わなかったこと。マンはカントの定言的命令のおおよそ正しい定義を下 してみせた。の原則と
同一であるかのごとく行為せよ』。あるいは。哲学の日常の用においては。
それは総統の意志である。的行為へと転化され。道徳的なものとなりうる。と
アと逆転させたものが。アイヒマンの定言命法なのであ る。二つの道徳
法則 「汝の格率が普遍的な法則となるように」というカ ントの本来の定式と「
普遍的な法則が汝の格率となるであるとみなされた。具体的な内容をもった
命令であ る格率。ただし。「道徳法則の定式化の基礎としての格率概念は。カントをめぐる議論
において最近ようやく以前より強く注目が集まっている」と七十年代行為主体
に対して定言命法が命令する有意味な事柄は。まず第一に。「格率にしたがって
行為せよ」ということであり。第二に。「その格率が普遍的法則となることを
それを通して汝が同時に意欲しうる」ということである。この言い方が示す
ように。具体的現実的なレベルの上にあって。そのレベルに適用されるのが格率
である。

カントが暮らすドイツ語圏とかドイツ文化圏は常に他国に侵され不安定だったため、どんな王に支配されても生活を転覆されない理論武装をしたかったんだとかいう説があるようです。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です