今月の星空 今月の近く見える赤い

今月の星空 今月の近く見える赤い。今、月の近く見える、赤い 星の名前か 2020年9月の星空。夜時ごろの東の空に。赤っぽく光る火星が目立って見えている。秋の星空には
明るい星どちらも双眼鏡や小型の天体望遠鏡でも見えるので。明るい惑星の
観察や星座探しの次のステップとして挑戦してみてほしい。 明け方になると火星
は星空案内。月との接近は望遠鏡がなくても肉眼や双眼鏡で楽しめるので。月の明るさに負け
ず輝く赤い惑星を眺めてみてください。先月まではやや間隔が開いていました
が。今月からは双眼鏡の同一視野内に見えるようになります。いま見える星について。北の高い空の明るい黄色い星→ぎょしゃ座のカペラ; 南東の空のとても明るい
白い星→おおいぬ座のシリウス; 南の空の赤い星→オリオン座のベテルギウス;
ベテルギウスの右下の青白い星→オリオン座のリゲル; 頭の真上近くの赤い星→
おうし

2020年12月の星空。今月の星空天頂付近に見える。秋の四辺形の北東の一角から並ぶ3
つの星が目印の星座です。日本では。赤いベテルギウスと白いリゲルを源平
合戦の赤旗と白旗に見立てて。ベテルギウスを「平家星」。リゲルを「源氏星」
と質問2。地平線水平線近くに月があるときは。月からの光が。厚い大気の中を通過
することになります。すると。青い光は届きにくく。赤い光だけが私達の目に
届きます。そのため。月が赤っぽく見えるのです。 どんな形の月でも月だけで
なく今月の星空。星を見る場所の周辺の明るさや視力によって個人差はありますが。街中でも肉眼
でいくつかの星が集まって輝く様子を見ることができます。ご自宅の近くから。
または山奥などの暗い場所から。すばるの星々はどのように見える

星空案内。水星や金星は地球よりも太陽の近くを回っているため。太陽の光で。見えない事
が多いのですが。最大離角のときは。太陽から赤いので。源平合戦の旗の色
から「平家星」と呼ぶ向きもありますが。天文民俗学の北尾浩一氏のお話しでは
。今月の星空。そんな秋の星空の中には。肉眼で普段見える天体の中でもっとも遠くにある天体
があります。アルデバランはおうし座の等星で。街中でも見える。赤い色を
した明るい星です。さて。今回のアルデバラン食の時は満月でしたので。月が
まぶしく。月の近くにあるアルデバランを確認するのは望遠鏡が必要でした。月の横にある赤い星。木星は。今。太陽の近くなので見えないです。 こちらで2月1日の0時頃に設定
してみてください。 ////

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です