伊藤詩織さん勝訴 こんな証拠あるの山口氏330万円払えい

伊藤詩織さん勝訴 こんな証拠あるの山口氏330万円払えいう判決っておかくないか。伊藤詩織 防犯カメラ 映像流血出 https://www youtube com/watch v=zwGrIdTVlRM

こんな証拠あるの、山口氏330万円払えいう判決っておかくないか

日本の裁判所いったい高給貰ってやってんの

ゴーン逃すわ、いったいやってんの 最高裁判所第二小法廷。よかったら私の方で買ってもいいですよ。といっておいたところ。同年二月下旬
ごろ。山口医師から稲村先生とも相談しましたがって。本件記録上も。前記第
一審判決のいう「小谷仕手筋の株扱いに便乗して多額の利益に預かったもの
で。しかしながら。その自白が真実であるか否かが問題なのであり。原判決の
挙示する証拠を検討すれば。その信用性は原判決は。弁護人の量刑不当の主張
を一部認めて。第一審の被告人に対する懲役二年及び罰金二億三〇〇〇万円の
判決を

しおみ循環器内科山口市。山口県山口市下竪小路大殿地区にある循環器内科です。狭心症。心筋梗塞。
不整脈。弁膜症。心不全などの心臓の病気や。高血圧。糖尿病。高
コレステロールなどの生活習慣病に至る病気のコントロールを中心として内科
全般にわたる診療を山口敬之さん「まったく納得できない」として控訴へ。記者会見で。山口さんは改めて「法に触れる行為は一切していない」と強調しま
した。ジャーナリストの伊藤詩織さんが。元記者の山口敬之さんから
性行為を強要されたとして慰謝料万円の損害賠償を求めた民事訴訟。月
日に東京地裁で行われた判決で。鈴木昭洋裁判長は。山口さんに慰謝料など
万円の支払いを命じる判決を下した。判決では。伊藤さん側の主張が認められ
たかたちだが。「客観的証拠に基づいて伊藤さんの主張の矛盾点を指摘

判決で示された慰謝料「330万円」は安い。最初のコメントを書く ジャーナリストの伊藤詩織さんが慰謝料など万円の
損害賠償を求めて東京地裁に起こした民事訴訟で。元記者の山口敬之さんに
万円を支払うよう命じる判決が下された。 山口さんは控訴伊藤詩織さん勝訴。山口さんは表情を変えずに判決を聞き。一礼して法廷を去った。 小川たまか
ライター ライターでフェミニストです。主

これ擁護派の方も「スタスタ歩いていた」と認めてますので、確かに疑われても仕方ありませんね。実際「合意がなかった」のかもしれないそれは山口氏しか知らない事実のですが、さすがにこの様子では「レイプの後の行動」としてはおかしいです。私なら、下向き加減でそそくさと逃げ帰ります。というかホテルのフロントの方に被害を訴え、救護を要請します。伊藤氏は「傷がある」とか言ってましたし…なかなか、こうも悠然とスマホをいじりながら闊歩するとは…大変肝が据わった女性かと思います。一応誤解していらっしゃる方もいますので、私から説明しておきますが、この防犯カメラの映像は「拡大」ですね。つまり、もっと伊藤氏は小さく映っているのですが、それを「モニターに映った映像を別のカメラで撮影している」と考えられます。手振れや、ビデオカメラ特有のピント合わせの挙動等より判断これが伊藤氏であることは、実は山口氏の身近な擁護者小川?氏が静止画で同じ画面を上げていますので、かなり高い整合性があると思われます。確か伊藤氏にもそれについて、それも質問していたが、伊藤氏は否定もしなかった…まぁ、擁護意見者って是が非でも何かにこじつけて否定したいのでしょうけどね…この映像は伊藤氏が高いお金で買ったそうで、情報規制隠蔽しているそうなのですが、どこかから…って関係者しかないのですけどねもれたみたいですね。ぜひ、ホテルの入る際の「引きずられていた」とうそぶく映像も流出しないかと期待していますが…>こんな証拠があるのに、山口氏に330万円払えという判決っておかしくないですか?これが何の証拠なのです?伊藤氏がホテルから出る時の映像なんて、今回の裁判の争点には何も関係ないじゃありませんか。*****通常のレイプ事件では性行為があったかなかったか、あるいは犯人が本当に訴えられている当人かが問題になるのに対し、この民事裁判では山口氏が性行為をしたことを認めており、争点は「性行為の同意」があったか否かだけ。ところが、「性行為の同意」があったと主張しているはずの山口氏は、月刊Hanadaの『独占手記私を訴えた伊藤詩織さんへ』初出2017年12月の中で、繰り返し伊藤氏が泥酔して記憶をなくしたと主張しています。–「結局、あなたは2軒の店でビール、サワー、ワイン、日本酒を飲んだ。そして2軒目の寿司店で、当夜1回目のトイレに立って、そこで酔いつぶれた。」「あなたは酒の過剰摂取の影響下で、自分がどう行動するか、そして、その行動をどこまで記憶しているか、経験がないから類推できない。これが、今回の問題の核心部分です。」「私が宿泊していた白金高輪のシェラトン都ホテルに到着すると、私は泥酔しているあなたがタクシーから降りるのを手伝いました。」「普通に歩き、しゃべり、飲食をしているが、その状況を記憶として脳に保存することだけができない。もし当夜、そういう状況にあったのであれば、「朝まで記憶がなかった」とあなたが主張したとしても、辻褄が合うのです。」「捜査員が示した可能性は、簡単に言えば「飲みすぎて記憶が飛んでしまった」という、酒飲みにとってはよくあるありふれた話です。」「結局、今回の出来事は、突き詰めれば「飲みすぎたあなたが、自分のしたことを忘れてしまった」というだけの極めてシンプルな、よくある些事でした。」「あなたが「ブラックボックス」だと思っていることの多くは、あなたの脳内で起きた「ブラックアウト」というありふれた現象に過ぎない。」–自分の「独占手記」の中で伊藤氏に対して「結局、今回の出来事は、突き詰めれば「飲みすぎたあなたが、自分のしたことを忘れてしまった」というだけの極めてシンプルな、よくある些事でした。」と言っているのに、その人との間に「性行為の同意」だけはあったと主張するなんて、どう考えたって無理があります。逆にその「独占手記」には、どういうやり取りで「性行為の同意」を取り付けたのかが全く書かれていない。こんな「独占手記」を書いているのに、性行為の同意があったなんて主張をする山口氏の方が矛盾しているとみなされてしまう。それが今回の判決にも表れただけのことです。いやいや、ホテルに入る時の映像ではなく、なぜホテルから出た映像?普通に、レイプされた後の映像にも見えるし、もしかしたら、そうじゃない映像かもしれないし、どっちにもとれるけど?ホテルに入る時の映像は?あえて、ホテルに入る時の映像を出さないのは、なぜ?もちろん裁判所は映像は見ていますし、ホテルのルームキーパーの日誌やタクシー運転手の証言やその他全ての物的根拠や供述証言等を並べて精査した上で、相対的に伊藤さんの言っていることの方が合理性があると判断したということです。山口氏の供述は「重要な部分で変遷が見られ重大な疑念がある」としています。ホテル の部屋で使ったベッドや伊藤さんのとった行動について説明した部分でも、裁判の最中に最初の供述から変わっています。裁判をなめているのではないかという思いつきの証言も裁判記録にあります。こうした民事では、どちらがより確かなことを言っているかの判断になります。争点は「合意があったか、なかったか」の一点だけです。そこについて山口氏の供述に合理性はなかったということだと思います。むしろこういう映像があるから330万になったのではないかと。もともと伊藤側は1100万くらい要求していたと思いますので。山口の言ってることが変遷しちゃってるので伊藤勝訴にせざるを得なかったけど、伊藤もおかしいねってことで減額したんじゃないか。ちなみにホテル内を二人が歩く画像静止画も出回ってますが、ご覧になりましたか?ちなみに伊藤詩織信者がこの映像を見た感想は「ブラックボックスに書いてある通り、足早に歩いている。嘘は言ってない」だそうです。↓のかたも同じでしょうね。おかしいよね。請求額かなり削られているもの。レイプ犯なら全額認められてもいいのに。それと、山口はなぜ映っていないのだ?カメラが動いているがこの防犯カメラは固定されていないのか?人感センサーでも付いていて、人間を追尾できるのか?映っている人物が、なぜ伊藤とわかるのか?日付が映っていないが、加工したのか?レイプされた当日の映像として、公開禁止になっている映像を誰が盗み出したのか?疑問だらけの映像です。地獄の沙汰も金次第、オウムの弁護士横山しょうじ、月の弁護人150万円東電無罪、19ラザフォードヘイズ危険は 少数によって所有される富である金は力で議会、マスコミ、法廷、宗教界、その影響大きくなる少数の過度の富は人々のの貧困、無知を意味するどこもおかしくないけど???。大丈夫ですか!??????′?ω???

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です