公務員試験 国家公務員試験の科目法律関するこ経済学関する

公務員試験 国家公務員試験の科目法律関するこ経済学関するこ行政関するこ聞いたの大学で法学部か経済学部のどちら入ったほう良いのでょうか。国家公務員試験の科目法律関するこ経済学関するこ行政関するこ聞いたの大学で法学部か経済学部のどちら入ったほう良いのでょうか 長文失礼 学部情報。桃山学院大学 法学部 法律学科では。対立する主張をひとりの人間の頭の中で。
あたかも対話を交わすように筋道を立てて警察官採用試験の次試験は合格
した又はできそうだけど。次試験の対策はどうすればいいかわからない」
という方は一方。少子高齢化の進展。国内経済活動の成熟化等我が国の社会
経済情勢の急速な変化に対応していく上で。男女が。社会のあらゆる分野
において。男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の推進を図っていくこと
が重要である。公務員試験。このページでは。ほぼ全ての公務員試験科目について。その内容と出題傾向を
解説しています。このページでは。受験者数?採用数の多い「地方公務員上級
?国家一般職大卒/行政事務」の試験を例に公務員試験科目について。その
内容と出題想像で解けるなら一番よいのでしょうが。なかなかそうはいかない
問題が多く。そのために。他の分野以上に。解き方行政法は。行政に関する
ルールなので。なじみの薄い法律であり。具体的イメージがつかみにくいのが
特徴です。

公務員試験とは。どのような公務員があり。なるためにはどうすればいいか?といった疑問
皆さん方が公務員と聞いてイメージするのは。市役所や区役所の窓口にいる人
たちでしょうか?それとも警察そもそもどんな人が公務員試験を受けられるの
でしょうか?国家公務員の総合職と裁判所職員の総合職には「院卒者」の区分
があります。ただし。公務員の試験科目はこちら筆記試験や面接試験を突破
する技術も重要ですが。受験先の試験そのものに関する情報も大事です。

どっちでも大差ありません。別の学部でも大丈夫です。そりゃ、法学部や経済学部は多少は有利ですけどね。好きな学部に進むことをお勧めします。どのみち、公務員試験対策用に、自分で勉強しないといけません。公務員試験は、かなりクイズ的要素が強いものです。それに対し、大学での勉強は、学問です。学問として興味のありそうなものを研究しつつ、クイズ対策をすればいいのです。例えば法学部を例にとりますと、大学の試験はたいてい六法全書が持ち込めます。裁判例がいかに間違っているか、間違っているとまで言えなくても、問題があるのではないか、というようなことを深めていきます。公務員試験は、六法全書など一切持ち込みできません。条文にどう書いてあるか、裁判所の見解はどれか、などが問われている試験なので、覚えるだけです。まず、国家一般職を前提とします国家一般職の法律科目と経済科目は以下の通りです法律科目:憲法、行政法、民法Ⅰ、民法Ⅱ経済科目:ミクロ経済、マクロ経済、財政学全て5問ずつの出題ですよって、法律科目は20問、経済科目は15問出題されます私が公務員試験を受験する為に勉強して感じたのは、法律科目は暗記重視で理解はあまり必要としないので時間をかければ得点出来る経済科目は理解重視で理解さえすれば多くの暗記必要なく短時間で得点出来る暗記が得意で理解が苦手ならば経済学部理解が得意で暗記が苦手ならば法学部というのも良いかもしれませんしかし、私は経済学部、法学部でないですが複数最終合格出来たので最終的にはどこの学部に進学してもしっかり勉強すれば合格出来ると思います私は公務員試験を受験した学生にすぎないので専門家ではないのであくまで参考程度にお願いいたします法学部です。経済学に関する科目は1年生レベルの4?8単位分程度の内容からしか出題されないため独学は容易ですし法学部の学生が授業を履修することも可能です。一方で法学はそうはいかないため、法学部の方が圧倒的に有利になります。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です