医療費控除の申請はどこでやるのですか 医療費控除受ける場

医療費控除の申請はどこでやるのですか 医療費控除受ける場合ついて質問。医療費控除受ける場合ついて質問 領収書必要、 診療明細書必要か 医療費控除の申請はどこでやるのですか。自分自身や家族のために医療費を支払った場合には。一定の金額の所得控除を
受けることができます。なお。給与所得のみの方サラリーマンで年末調整
をされている方の医療費控除のみの確定申告については。2月日から3月日医療費が多くかかった時に年末調整で医療費控除は受けられる。医療費控除は病院代や薬代など。年間に多くの医療費がかかった場合に受ける
ことができる控除です。医療費控除の年末調整の担当者は。従業員から医療費
控除の手続きについて尋ねられることも少なくないでしょう。医療費控除
について質問を受けた場合は。ぜひこのページをご活用ください。

No。なお。給与所得のある方について。平成以後。給与所得の源泉徴収票
は。確定申告書への添付又は確定医療保険者から交付を受けた医療費通知注
がある場合は。医療費通知を添付することによって医療費医療費控除の申告について教えてください。質問 医療費控除の申告の仕方や対象額などについて教えてください。 ?回答
自分や家族が病気のために医療機関を受診し。その年年間で一定額以上の医療費
を支払ったときは。「医療費控除」を受けることができます。医療費控除を
受ける

医療費控除はH29年分から改正されて、健保組合などから交付される「医療費のお知らせ」で「医療費控除の明細書」確定申告書に添付が必須を作成すれば領収書は不要に改正されたのです。但し、自費診療分や自費診療で支払った分の領収書は記載欄が違い、この分の領収書は添付は不要ですが、5年間自宅保管が義務に変わっています。なお、令和1年分の申告迄は、H28年までのように領収書で明細書を作成することも経過措置で可能とされていますが、領収書は5年間自宅保管になります。診療明細書は不要です。診療明細書は、必要ありません。 税務署が知りたいのは、実際に支払った金額だけです。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です