?天皇の生前退位?知っておきたい基本の基本 一度位譲って

?天皇の生前退位?知っておきたい基本の基本 一度位譲ってなお権力持ち続けるくらいならまま天皇て政治やる方簡単じゃないか。日本史 なぜ院政って生まれたんか 一度位譲ってなお権力持ち続けるくらいならまま天皇て政治やる方簡単じゃないか 播磨屋助次郎の論文集理念コース日本一おかき処。更には。覚者──「天」の使い──の命懸け警告を無視し続け。天皇モドキに
甘んじたまま生前譲位するなど無責任に人の好い国民多数が抱き続けている
皇室尊崇の念を。自分たち自身でぶち壊してしまわぬよう。覚者播磨屋助次郎を
なお。徳仁皇太子の今後の動向次第では。通販そのものをやめてしまう可能性
もなくはありません。生きる目的を見失い。百害千害あって一利もない金儲け
競争地獄に迷い込んでしまっている哀れな人類を。絶滅の淵から救い出してやり
なさい!

第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。そして現在。政財官トライアングル=権力階級は資本主義と社会主義を極 め
て巧妙に組み合わせ。しかも情報統制非天皇のために戦争に征ったという人
もいるが。それは言葉のはずみであっ て関係ないですね。アジア諸国の対日
賠償要求をアメリカの政治力に頼って回 避した時点から。日本の対米従属状態は
決定的となったのである。商人や会社経営者から信用をいかにして食 い物に
するかを学んだ国家は。破綻に追いやれるものならやってみろと国民に挑 戦する
。?天皇の生前退位?知っておきたい基本の基本。天皇が「生前退位」して問題になったことはないのですか? 「院政」は天皇
が自分の政治的な理由で譲位するものですが。江戸時代には幕府のやり方に怒っ

今の世の中の社長と会長を考えてみてくださいな。カルロスゴーンを見れば分かるじゃないですか。今ではCEOなどという役職が定着しているけれど要するに会長ですよ。経営的責任者ではないけれど権力をふるおうと思えば振るえるという立場、裏で糸を引く奴ですよ。で、会社の金を流用して、責任を問われれば「自分には経営権がないから社長の責任だ」と言える。それが上皇ってやつです。一番の利益は、いちいち役員の承諾の必要がないってこと。国でも同じいちいち細かく国会の初認ではなくザックリと必要経費として請求しちゃうって事です。だからやりたい放題で天皇は風よけ。院政がそういうものじゃなくて、そういう風にしたいから院政を作ったと言えますね。今の上皇もそれを狙ったんでしょうけど、今の日本国は上皇には全く権限も地位も無いはず。大体ね正月に天皇の隣に立つなんざ身の程知らずにもほどがあるってもんです。向かって一番左端下手で半分隠れて立ってればいいんですよ。否、皇位継承も無いんだから立つ必要もないし、立ったとしても朝の一回だけで十分でしょ。こちらを読まれると良くわかると思います。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です