後期高齢者の窓口負担2割導入 国診療負担2割て老人早く排

後期高齢者の窓口負担2割導入 国診療負担2割て老人早く排除ようて。高齢者排除する方針どんどん進んで 国診療負担2割て老人早く排除ようて

う五割負担で良い思いませんか 老後のお金に備える70歳からの医療費。諸外国と比べて日本の健康保険制度は手厚い保障が得られると言われており。
所得が少なくなる高齢者ほど。自己負担割合が減る仕組みになっています。 一般
的には「3割」だった窓口での自己負担割合が。歳になると「2割」に下がり
。高齢者。政府は歳以上の医療費窓口負担を年度から割に引き上げる方針を決定
しました。いわゆる「後期高齢者医療制度」ですね。この負担割合引き上げに
対しては。反対意見は多数あります。しかしこのような意見は的外れ後期高齢者医療制度「よくある質問」。財源については。患者負担を除き国?県?市町村の公費が約割。若い世代が加入
する医療保険が約割。被保険者にお支払いいただく広域連合が行う業務と
市町村が行う業務はどのように決まっているのですか?質問 自分は後期高齢
者医療制度に移ったのに。国民健康保険料の請求が送られてきました。なぜです
か?振込先の登録がある人には。診療月のヵ月後くらいに振り込みされます

後期高齢者の窓口負担2割導入。歳以上の後期高齢者のうち。所得が一定程度以上ある場合には「医療機関の
窓口負担」を割に引き上げ。このように「自己負担が倍になる人が相当程度
いる」状況を踏まえて。厚労省保険局高齢者医療課の本後健課長70歳から74歳の方の医療費の窓口負担についてのお知らせ。歳から歳の方の窓口負担は。平成年の法改正により平成年月から2割
とされていますが。特例措置でこれまで1割とされていました。見直し
に当たっては。高齢の方の生活に大きな影響が生じることのないよう。歳と
なる誕生月の翌月各月1日が誕生日の方はその月の診療から。窓口負担は
歳までの3割から2割になります。窓口負担には月ごとの負担限度額が定め
られていますが。歳から2割負担となる方は。歳までと比べて負担限度額が
下がります

高齢者の社会保障給付費は『年間110兆円!』 税金が50兆 保険料が60兆です→今後20年で更に7割増加します選択肢は2つあって①高齢者の社会保障費を減らすか②増税するか私はこれ以上高齢者に払うのは嫌です!絶対に。あなたはどう思いますか?

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です