意外と疲れない ニューヨークなど長時間のフライトでエコノ

意外と疲れない ニューヨークなど長時間のフライトでエコノミーで。ニューヨークなど長時間のフライトでエコノミーで
両脇人のいる座席(真ん中)で 全然平気いう人の
気持ち知りたい

超無理なタイプなの
少で 平気なりたいの どんな風過ごすのか 体の痛み出ないのか
精神的苦痛無いのか 回くらい席立つか(トイレなど)
寝れるのか

などなど 知りたくてたまりません

同じよう 絶対無理 いう人のお話
聞かせて下さい 無理な人
心の支えなりますので (?? ?? )機内での快適な過ごし方を旅行ライターが伝授。海外旅行のプロ?トラベルライターがエコノミークラスでロングフライトを快適
に過ごすために実践している方法とは?旅行時期。シート配列など航空券予約時
のチェックポイント。機内での過ごし方。機内で気分よく過ごすために持ち込み
たいおすすめアイテムをご紹介します。ニューヨークラスベガス
ロサンゼルスサンフランシスコハワイカナダ中南米 ヨーロッパ海外
旅行には行きたいけれど。長時間のフライトを思うとなかなか腰が上がらない…

長距離フライトを快適に。海外への出張で。長時間のフライトは体力的にもきついですよね。 特に
エコノミーでロンドンやニューヨークなどに出張するときは非常に辛いものが
あります。 こういった長距離フライトで欠かせない機内グッズをご紹介しお食事エコノミークラス。コラボレーションメニューなどニューヨーク。ボストン。シカゴ。ダラス。
ロサンゼルス。サンフランシスコ。サンディエゴ。シアトル。バンクーバー。
ロンドン。パリ。長時間のフライトで自由に飲み物や食べ物をお取り
いただける。セルフサービスコーナーに。お客さまのニーズに合わせた内容を
取り揃え。欧米13時間のロングフライトを快適に過ごすための座席選び5選。東京からニューヨークまでの時間のロングフライトをエコノミーの人でも快適
に過ごすための5つの座席選びのコリアエアラインやチャイナエアラインなど
の格安航空でしたら味に差はありませんが。やのような

長時間の飛行機の中で快適に過ごすためのコツとおすすめアイテム。これに乗り継ぎが加わるとさらに長い時間がかかり。実はニューヨーク旅行
というのは移動だけでも相当な体力を使うのです。というわけで今回は。
エコノミークラスでもできるだけ快適に飛行機の中を過ごせるようなアイデアを
まとめてご紹介します。ちなみにぼくは時間くらいまでのフライトであれば
窓際を選びますが。長時間のフライトの時は。トイレ時にいちいち隣に声を
同じ考え方で。真ん中列列シートの通路側などを選ぶこともあります。意外と疲れない。燃料タンクの増設や翼の改良などにより。時間を超える超長時間飛行が可能
です。プレミアムエコノミー席とビジネス席の合計席です。間は大
圏距離でマイルほどありますので。実現するとシンガポール―
ニューヨーク線を抜いて世界最長路線となります。

年に何度か海外出張してます。国際線で満席が無い、なんてことはありません。時期によっては満席もありますので、座席指定できる航空券を買って早めに指定したほうが良いと思います。座席移動するのも手ですが早めに予約とまめに様子みながら指定場所変えるのも手です。私自身大きいのもあるのですが真中の席は嫌ですね。窓側の人がトイレ行きたいっていうと、通路側の人を起こして、通路で待って、、、とか、最近はエコノミーでも10年くらい前に比べたら広くなりましたが、それでもエコノミーだと両サイドに大きな人乗るときっついです。一番きつかったのは両サイドの方が足を私の足元に伸ばしてきて足が当たってうざかったです。最近AMAZONで買ったのですが、うつ伏せに寝れるタイプの枕があるんです。これ便利なんです。両手をこの枕の中に入れられるので肩を縮めることになるので両サイドに当たりにくいですし、何より寝やすい。あとは、ネックピロー、空気を入れるタイプの座布団があると楽に過ごせます。トイレに行く回数は人によりマチマチですからなんともいえません。私はエコノミーで取る時は出るのが遅くなっても構わないのでなるべく最後尾の2列並びの通路側か窓側を選ぶようにしています。満席って事は無いでしょう??空いている席に移ったらどうですか?どこの国も国内線は混んでいても国際線が満席って乗った事がない真ん中の席は嫌ですとリクエストすればいいのでは?私は飛行機が怖いから…笑直ぐ、寝ますからと、言うか飛行機とか寝台車って直ぐに寝れる私は他人を気にしない性格でも、横に知らない人がいるとやはり煩い、お気持ちは解りますトイレ、、使っても1回位だから…20代とか若い頃は飛行機に乗ること自体が刺激的で何とも思わなかったです。長距離でも平気だった。今はダメ。たぶんキッカケはエコノミーに乗ってハワイに行った帰りにエコノミー症候群になる危険を感じたからだと思う。機種は747。一番前の壁が邪魔で足が伸ばせなく座っていて気が気じゃなかった。だから今は希望のクラスで最悪の席しかない時はあなたの言っている席を私は地獄の席と呼んでいる、あらゆるクラスを探します。でも、今は長距離のビジネスクラスだとスタッガード配列でシートもフルフラットになるのでどこの位置でも我慢できるけどね。よく考えたら、ここ何年もエコノミーには全く乗ってないわ。でも、通路側だったらオッケーです。ざっと4時間以上のエコノミー席では真ん中席は私は無理です。それ以下だと、よっぽどでない限りトイレにいかなくても大丈夫なので、窓際でも真ん中でもOKです。運よくか、ほとんど通路側を取っていますし、また反面、自分が真ん中席や窓際席の方がトイレに行くために立つのは気になりません。気圧のせいもあるのか、飛行時間6時間くらい越えてからやたらトイレが近くなります。ぶっちゃけですが、NY線の場合、6-7回トイレに行きますそういう病気ではありません。なので、やはり通路側でないと自分は落ち着きません。私の友人は12時間のフライトでもトイレ一回行けば大丈夫らしいです。ある意味うらやましいです。ひたすら眠りたい人は、真ん中でもいいのかもしれませんね。もう離陸前から爆睡!って人は。私もあなた様と同様、100%無理です!周りに気を遣って疲れるし、体も疲れるし、必ず必ず通路側とります。それでもちょくちょく立ち上がって、トイレの周りの窓から外見てます。以前NY行きの機内から、オーロラが綺麗に見えて感動しました。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です