損益算について 3割の利益得られるよう定価つけて売ったこ

損益算について 3割の利益得られるよう定価つけて売ったころ30個売れ残ったので残り全て定価の2割引で売った。一個あたりの原価200円の品物100個仕入れた 原価の 3割の利益得られるよう定価つけて売ったころ、30個売れ残ったので、残り全て定価の2割引で売った き全体の利益円か 方程式文章題割合。定価では全く売れなかったので定価の割引で売ったら個に対する利益が円
だった。この商品の原価を求めよ。たがどちらも売れ残った。そこで売れ残っ
た商品をすべて定価の%引きで売ったところすべて売り切れた。その定価で
個売った。安売りで定価の割引の値段にして残りを全て売った。店では
仕入れた値段の割の利益を見込んで定価をつけて。その定価で個売った。
安売りでは定価の割引で個売り。さらに残り全てを仕入れたときと同じ値段
で売った。

原。割引で売ったときの。品物個当たりの売価は式× / × / =
円 割引で売ったときの。品物原価の割の利益を得られるように
定価をつけて売ったところ。個売れ残ったので。残りは全て定価の割引で
売った。このとき。全体の利益は何円この品物に原価の割の利益を得られる
ように定価をつけたが。売れないので定価の割引で売ることにした。売価は
いくらか。損益算。ある商品を個円で個仕入れました。はじめは仕入れ値の割の利益が
あるように定価をつけて売っていましたが。途中から定価の%引きで売り。
全部売ることができ。利益は全部で円でした。定価で売ったのは何個です
か損益算について。例題 ある商品は。仕入値の5割の利益を見込んで定価をつけて。その2割引
で売っても。1個につき円の利益原価の割の利益を得られるように定価を
つけて売ったところ。個売れ残ったので。残りは全て定価の割引で売った。

SPI。ある品物を個仕入れ。原価の割の利益を得られるように定価をつけて売った
ところ。個売れ残った。 そこで。残りは全て定価の割引にして売ったところ
。総利益は円となった。この品物の原価はいくらか。 ▽ 選択肢をタップし

原価200円の品100個に3割の利益をつけると、1つ当たり、200×0.3=60200+60=260で260円となります。30個売れ残ったなら70個売れたということになります。この時点で、利益は60×70=42004200円です。そして、残りの30個の値段は定価の2割引なので260×0.8=2081個当たり8円の利益です。これが30個なので利益は、8×30=240240円です。つまり合わせて、利益は全部で4200+240=44404440円となります。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です