日本はなぜ 日本学歴社会の伝統根強く残ってか

日本はなぜ 日本学歴社会の伝統根強く残ってか。日本学歴社会の伝統根強く残ってか 日本はなぜ。大問題と言われながらも。一向に改善する余地のない日本の学歴偏重主義。の
高度成長期から年代のバブルに向けて作られた様々なシステムが。時代遅れ
なのにも関わらず。根強く残っていることにあると思います。学歴社会とは。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 学歴社会の用語解説 – 社会的出自,本人
の能力?業績?人格などに比べて学歴しかし,出身学校歴という属身的な要素
がまだ社会的配分基準として残っている点が,エリート的学校歴が社会の人材
さらに日本のように入学試験が特に重要視されるという社会では,学校教育まで
がゆがめられていることがよく指摘される。入学者を増やして。専門職などの
高度な知識?技術を必要とする職業人を養成するべきであるという主張は根強い

「学歴不問」はウソ。一方で。下位校をふるいにかける「学歴フィルター」なるものがあるとのウワサ
も根強い。自分も短大卒で諦めた時代もありますが。社会人になってから学士
を取得。その後。修士取得。博士まできて。ようやく民間ならば。其々の企業
の伝統。考え方。学歴への考えかたなど在るかと想います。日本は低学歴社会。日本は「入学歴社会」であって。「卒学歴社会」ではないという説明はたやすい
。が難しいというだけの問題ではなく。日本に現在でも根強く残る。「職人
文化」が影響しているのではないかと思うのである。という。職人教育の伝統
は。「学歴社会」と言われる現代の日本にすら。色濃く残っているのではないか
。ということを。私は言いたいのである。だから。アカデミックの世界に残って
。研究を続けてなんか取るよりも。さっさと社会に出なさい。

大學新聞。トップページ連載 学歴入門 真実と対応策第回 日本は学歴社会か学歴
社会がまだ残っていると考える第二の証拠は。特定の職業に就くには大学で特定
の科目を学ばねばならないし。資格試験に合格して初めて職に韓国の就職は学歴?スペック重視。そんなこともあり。今も学歴社会。とりわけ「学閥社会」としてその傾向が
根強く残っています。幼い子どもを母親とともに海外に送って教育を受けさせ
。父親は韓国に残ってお金を稼いで送金するだけ。という「雁お父さん???
ワーキングホリデーのときに日本で履歴書を書いた経験は。日系企業への就職
に役立ちました。韓国の伝統衣装は”チマチョゴリ”じゃない!?時代

根強くじゃない。成果を出せない人は高学歴でもダメ。高学歴者の4割くらいは外れ。一定の指標にはなるよね。高学歴者は覚えるのが早い。多少は残っているのかもしれませんが、根強く残っているとは思えません。名門ブランド志向は薄れ、元来の正しい学校選びができるようになってきているのではないでしょうか。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です