特定工作物とは 本肢の区域内おいて一定の建築物の新設や第

特定工作物とは 本肢の区域内おいて一定の建築物の新設や第1種特定工作物の新設などついて知事の許可必要なる第2種特定工作物の新設ついて許可不要である。宅建 開発許可ついて

宅建の模試解いていたころ、ような問題あり

問題:市街化調整区域のうち開発許可受けた開発区域以外の区域内おいて、規模6000平方メ ートルのゴルフコース新設する場合、都道府県知事の許可受けなければならない

答:誤 本肢の区域内おいて、一定の建築物の新設や第1種特定工作物の新設などついて、知事の許可必要なる、第2種特定工作物の新設ついて、許可不要である

問題間違えてますよね
ゴルフコース規模問わず第2種特定工作物なる、市街化調整区域規模問わず許可必要なずなの故許可受けなくていいのか 平成19年問20開発許可都市計画法。土地の区画形質の変更に関する次の記述のうち。都市計画法による開発許可を
受ける必要のないものの組合せア 市街化調整区域内における庭球場の建設の用
に供する目的で行う㎡の土地の区画形質の変更 イ 市街化調整そして。第
2種特定工作物でないものを建設する目的で土地の区画形質を変更したとしても
。それは開発行為にイ 許可不要 公益上必要な一定の建築物の建築の用に
供する目的で行う開発行為については。区域や面積を正解は。肢1。

福岡市。特定工作物とは。開発許可制度において。周辺地域の環境に悪影響をもたらす
おそれがあるものとして規制の対象となる工作物のことをいい。次の種類が定め
られています。 「第二種特定工作物」。ゴルフコース。ヘクタール
以上の運動?レジャー施設等の工作物第二種特定工作物は。直接的に市街化を
促進する要因となるものではないため。市街化調整区域内の開発行為でなお。
第二種特定工作物等の併設建築物については。別に取扱いがあります。特定工作物とは。特定工作物の意味について。都市計画法における開発許可の対象となる。
コンクリートプラント。ゴルフコース。テニスコート。墓園などのこと。 都市
計画法では。建築物や工作物をつくる目的で宅地造成などを行なう場合には。
開発許可を受ける必要があると定め.第二種特定工作物 大規模な工作物で
あって。都市計画法施行令第条第項に規定されたもののこと。具体的には次の
ものである。

宅建。本肢の区域内においては。一定の建築物の新設や第種特定工作物の新設など
については。知事の許可が必要となるが。第種特定工作物の新設については。
許可が不要である。 この問題間違えてますよね?? ゴルフコースは規模問わず第

明後日試験を受ける者です。画像の参考書解説を見てください。おそらくですが、質問者さんは①市街化調整区域のうち開発許可を受けた開発区域以外の区域内と②市街化調整区域において行う開発行為をごっちゃにしてるんだと思います。②は頻出事項ですが①はあまり見たことがありません。直前期ですので、②の方をきちんと理解開発許可が不要となる場合の、アレですできていれば良いと思います。かくいう私もこの質問を見て、調べて違いを知ることが出来ました。ありがとうございました。同じ質問を2つ立てられているようですので、こちらにも回答しますが、結論的には「許可不要」で間違いありません。1ゴルフコースについては規模を問わず、第二種特定工作物にあたる=開発行為に当たるので、「開発許可の必要性」を問う問題であれば、許可必要となります都市計画法第29条第1項。なお、「規模を問わず」とは言え、市街化区域では1000m3未満は許可不要など同項第1号の許可不要案件に当たれば、許可不要です。今回は、市街化調整区域につき、許可必要です。2しかし、本問題は、第29条開発許可に関する問題ではなく、第43条建築許可に関する問題です。同条をよく読むと、「許可を受けなければ???建築物を新築し、又は第一種特定工作物を新設してはならず」とあります。つまり、第二種特定工作物は第43条建築許可の制限を受けないのです。よって、「開発許可を受けた開発区域以外の区域内においては」許可不要なのです。でもそうしたらこれの説明がつかなくないですか?混乱してきました、、、答にある「第2種特定工作物の新設については、許可が不要である。」というのは、ちょっとなに言っているのかわかりませんが、運用として「1ha未満のミニゴルフコースは第二種特定工作物であるゴルフコースに該当しない。」とされています上記PDFの1-18恐らく、こんなこと条文読んでもわからないでしょうから、問題として出ないでしょうね

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です