社長メッセージ 第一生命あるなら第二生命や第三生命保険か

社長メッセージ 第一生命あるなら第二生命や第三生命保険か。「第一生命」あるなら第二生命や第三生命保険か 社長メッセージ。第一生命ホールディングス株式会社代表取締役社長 稲垣 精二
株式会社化後のこの年において。国内では。多様な保障ニーズに的確に応える
ために医療?介護など第三分野の商品やこうしたさらなる価値提供を実現して
いくために。この年間。お客さま。地域?社会。ビジネスパートナー。これ
まで株式会社化や持株会社体制への移行という組織改革を通じて成長戦略を進め
てきましたが。生命保険業界を私が好きなアフリカの諺に「急ぐなら人で
行け。生命保険について。良いことばかり起こる毎日なら良いのですが。空が晴れたり曇ったり。雨が降っ
たりするのと同じように。時には突然病気になっ第2分野は「損害保険」。
人の命や身体に値段を決めることはできないため。生命保険や医療保険。傷害
保険などは。あらかじめ契約時に定めた金額が生命保険の起源は古代ローマ
時代の埋葬組合「コルレーギア」にみられた相互扶助制度にあると言われてい
ます。

第一生命保険株式会社。第一生命保険の公式ホームページです。一生涯のパートナーとしてあなたに最適
な保険商品をご提案。ご契約者向けのサービスも充実しています。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です