第100章 00kgの水溶かた溶液Aある凝固点

第100章 00kgの水溶かた溶液Aある凝固点。化学の問題

ある非電解質X1 00kgの水溶かた溶液Aある(凝固点 0 093℃)溶液A更非電解質X9 00g溶かて溶液B作った(凝固点 0 371℃)
非電解質Xの分子量求めなさい
水のモル凝固点降下 1 86Kkg/mol

答え60、解き方わかりません
解説お願いいたます 第100章。水と砂糖水とでは,水だけの方が早く蒸発するのを知っていますか。また,海水
でぬれたとは何ですか? 水溶液が電気を通す物質をいう。溶媒の蒸気圧>
不揮発性物質を溶かした溶液の蒸気圧 蒸気圧降下沸点上昇も凝固点降下も,
共に溶質の種類に無関係で溶媒に固有の値であることがポイントです。また,
質量

化学講座。次項からは。この冷却曲線の一部である凝固点前後での温度変化について説明
しようと思います。凝固が始まって温度一定になるはずの所が。少し変わった
形をしていますね。水溶液を冷却した時の冷却曲線は下図のようになります。沸点上昇?凝固点降下。3 希薄溶液の性質 B 沸点上昇 ○ モル沸点上昇 溶媒1 に溶けている溶質
粒子分子やイオンが1 溶けているときの溶 媒の沸点上昇度のこと。
例 水のモル沸点上昇は ? / である。 ↓ 水1 に溶媒粒子1

まず凝固点降下とはなんでしょうか。水の中に、何かしらの物質を溶かすと、凝固点凍りつく温度は低くなります。塩水は普通のお水よりも低い温度でないと凍りませんよね、そのことです。ここでは理屈は省きます。この問題では、水にXというものを溶かすことで、凝固点が下がりますよ、そしてもっと沢山溶かしたらもっと下がりますよ、ということが書いてあります。溶液Aでは、1kgの水にどれくらいのXを溶かしたかわかりません。しかし、Bでは、Aにプラスして9gのXを溶かした、と書いてあります。つまり、9gのXには、-0.093°Cから-0.371°Cまで引き算すると、0.278°Cです水の凝固点を下げる働きがある、ということです。ここで、公式が出てきます。これは、もう諦めて覚えてください。△Tf=Kf?mというものです。△Tfは、凝固点降下度凝固点が下がった具合Kfは、溶媒固有の定数で、モル凝固点降下、といいます。問題文に出ている、1.86です。mは、物質のモル数溶媒1kgあたりを表します。いま、凝固点が下がった具合は先程計算した0.278です。これを式に当てはめると、0.278=1.86×Xとなります。Xについて解くと、約0.15です。さてこの0.15は何を表しているかというと、非電解質Xを9g集めると、0.15molになるよ、ということです。これを比の式にして、1mol当たり何gなのか計算してみましょう。0.15mol:9g=1mol:xg内項の積=外項の積なので、0.15x=9∴x=60となります。分子量の定義は、その物質を1mol集めたら何gなの?ということなので、これが正解となります。溶液 A 中に含まれる電解質 X の物質量は?0.093/1.86=0.0500 [mol]溶液 B 中に含まれる X の物質量は?0.371/1.86=0.199 [mol]したがって? X の分子量を x とすると? 0.0500+9.00/x=0.199これより? x=60.4≒60となります?

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です