第162回国会 一年間浮く計算なります人間である国会議員

第162回国会 一年間浮く計算なります人間である国会議員違いコンピュータ半永久的持続可能であり新たな人材育成の必要なくなるため実際多くのコスト削減見込める考えて。国会議員の人件費ついて

、技術的革新進み、仮今国会議員行っている業務AI搭載たコンピュータすべてこなせるようなったます 場合、今どれだけのコストの違い出るでょうか

現在の国会議員の平均年収約2800万円の事でたので、衆、参議員合計722人で
2800*722=20216000000円
一年間浮く計算なります、人間である国会議員違いコンピュータ半永久的持続可能であり、、新たな人材育成の必要なくなるため実際多くのコスト削減見込める考えて
ような状況下での利益計算よう行うの適切でょうか
、国会議員のほか、行政機関ような状況なればどうでょうか
(実際無人いうの無理、、、)
皆様の考察お聞かせください、、、第162回国会。この横須賀市におきまして。二〇〇一年から。高齢者虐待防止のために。地域の
高齢者の介護に携わる関係者によるネットワーク事業を既に開始しております。
このために。一つには。民生委員や自治会などの地域的なつながり。それから
二つ目には。ケアマネジャーや介護昨年来。障害者の当事者団体の方々。多く
の方から御意見をちょうだいいたしました。そういう意味で。財務大臣。政府
のコストはどうやって計算をするかというと。これこそ釈迦に説法になりますが

人材育成の「コストの問題」をIT活用で解決。人材育成の実施に当たって必ず直面する「コストの問題」の有効な対策となるの
が活用です。テレビ会議の活用やラーニングなど。さまざまなを使い分ける
ことで人材育成の効果を維持しながらコストを削減することが可能になります。研修内製化とは――意味。研修コストを削減できること以外にも。企業独自の研修を実現できることや。
ノウハウを蓄積して社内で早期に新入社員を戦力化することが多くの企業
にとっての課題となっている現在。研修をどのように設計するのかが。大きな
意味を持ち始めています。景気の回復後。再び外注に切り替える企業もある
一方。現在ではコスト削減にとどまらない研修内製化のそのため。講師を
務める社員は。人材育成に必要な理論をあらかじめ学ぶことが求められます。

ニューノーマル時代の研修はスキマ時間を利用する。研修コストを削減したい。集合研修を置き換えたい。店舗での対面研修の回数を
減らしたいなどの課題を解決できると。のか。導入すると自社にとってどの
ようなメリットがあるのかをわかりやすくつにまとめてご紹介しています。
特に新人研修。人材育成分野においては。3密対策やソーシャルディスタンスの
呼びかけにより。集合研修が実施つ目が– と
呼ばれる。実際に現場で店長などの先輩が新人の横について。働きながら平成27年八幡浜市議会6月定例会会議録第2号。説明のため出席した者の職氏名 市長 大 城 一 郎 君 副市長 橋 本 顯 治 君 総務企画
部長 中 榮 忠 敏 君 市民福祉部長 若 宮 髙 治 君 産業しかし。画一的な基準や
ルールを土台とした横並びの行政施策では。それぞれの自治体が地域の特色を
前面に出して2。平成年に2世帯住宅建設に支援策はとれないかと質問した
ことを思い出します。さらに。本年1月には。総務大臣から公営企業会計の
適用の推進についての通知があり。重点的に取り組むことになりました。

まずは技術的な話から、コンピュータが半永久的というのはよくある勘違いです。コンピュータをはじめ機械は人間より遥かに耐久性が低く恒常性もありません。常にメンテナンスを必要としていて、それ無しには機能を維持できません。よくSFで人類が滅びて数百年、ロボットだけが……なんてのがありますが、数百年どころか、10年持つロボットすら作れないのです。高度になればなるほど機械の寿命は短くなります。大規模なサーバー等では平均的な故障時間を元に余裕を持って壊れる前にどんどんパーツを交換するという手法でシステムを維持しています。さらに電力も必要ですし、大きな電力をつかった結果として冷却にもまた電力が必要です。コンピュータは案外金がかかります。次にソフトウェアに関しても、コンピュータは最初に設定した問題しか処理出来ません。設計時に想定した以外の新しい問題には対処できないのです。人材育成の代わりに新たな問題に対してどう対処すべきかと言うことを、まず人間が議論し、どうする事が正しいとするのかを決めてからそれを反映したシステムを組み直す必要があります。この、状況に対して何が正しいのか、どれを選択するのか?というのは正に国会議員の仕事でありこの部分はコンピュータには置き換えできません。なぜなら「正しさ」というのは、計算では求められない要素だからです。コンピュータが判断できるのは、条件に対する妥当性のみです。つまり、国会業務の大半はコンピュータにはどれだけ技術が進化しても不可能な内容なのです。つまり、業務をこなせるようになったら、という前提は実は成り立ちません。一方、国会議員が判断する為の下準備に関してはコンピュータは強力にサポート可能です。これらが進む事により各種経費は抑えることができるかもしれません。そもそも、今どきひと所に集まって会議をする必要など無いのです。それだけでも相当経費が浮きます。ただ、どちらかと言えば、技術革新の方向性は国会議員を減らす事よりも、より多くの国会議員を作る方向へと進むかもしれません。運営コストの低減はより多くの意見の参加を可能にするからです。技術革新は長い目で見ると特権の開放の方向へと寄与します。貴族の楽団はレコードに形を変え庶民に行き渡りました。貴族の冒険は旅行に姿を変えて庶民の物になりました。国王の専権事項であった政治は民主選挙へと変わりマスコミの特権だった情報発信もネットにより庶民に開放されました。国会という意思決定システムも、もっと広範囲からの意思集約により運営されるようになるかもしれません。そうなると、もはや議員の給料がどうのという問題ではなくなってしまいます。行政の方はAI化がかなり可能な範囲ですが、行政をAI化する為には、立法の段階で相当緻密な法律設計が必要になるので、行政のAI化はむしろ、国会の運営費用をかなり増加させる可能性もあります。これから、技術的革新が進み、仮に今国会議員が行っている業務をAIを搭載したコンピュータがすべてこなせるようになったとします。発想の出発点が間違っています。話になりません。どういう状況を最適とするか、それを皆が納得するかはAIの課題としても極めて難しく困難です。AIが、大企業への優遇税制を改め、法人税減税のばらまきを中止し、大株主などの富裕層に欧米並みの負担を求め、「富裕税」の創設など資産課税を改革し、タックスヘイブンを利用した「税逃れ」を止めさせ、為替取引税を創設し、環境税を強化し、人間らしく働ける雇用のルールをつくり、大企業の内部留保を活用して賃上げを現実化できるなら、賛成です。あと、芸術?文化は、人々に生きる力を与え、心豊かなくらしに欠かすことができないものです。文化を創造し、享受することは国民の権利です。今年6月の国会で16年ぶりに「文化芸術振興基本法」が改正され、「文化芸術基本法」になりました。前文に「表現の自由」が初めて明記されました。AIは、芸術?文化の自由な活動を応援し、文化が豊かに発展する社会をめざします。文化予算を抜本的に増額し、芸術?文化活動を発展させます。芸術団体への支援を強めます。子どもたちの心豊かな成長に寄与する芸術活動を支援します。日本映画、アニメーションの製作を支えま劇場?音楽ホールなど、文化施設への支援を強めます地域の文化活動を応援します 文化を支える専門家の地位向上にとりくみます。文化財の保存と継承をはかります。アーカイブへの支援を強めます著作者の権利を守り発展させますオリンピック?パラリンピックの文化プログラムは住民参加ですすめます。憲法を生かし、表現の自由を守ります。「児童ポルノ規制」を名目にしたマンガ?アニメなどへの法的規制の動きに反対します。それを現実化して欲しい。国会議員とは民意ですのでAIにするよりは不要な議員は自宅待機で良い例えば、自民党議員の7割以上は質問時間もなく国会ではやる仕事が無いので選挙区で選挙活動している委員会の採決の際に、起立で賛成を意思表示するだけAIを使うなら、まずは行政の窓口業務でしょう例えば市役所の市民課など申請の受け付けや住民票、印鑑証明などマイナンバーカードがあるのだから自動で発給できるはず1人ぐらいアドバイスがいれば良いスーパーのレジだってセルフサービスです

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です