自民石破茂 カルロス?ゴーンって逃亡先で偉そう日本の司法

自民石破茂 カルロス?ゴーンって逃亡先で偉そう日本の司法批判するのめっちゃかっこ悪くないか。カルロス?ゴーンって逃亡先で偉そう日本の司法批判するのめっちゃかっこ悪くないか 「時代遅れな司法制度。保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長。カルロス?ゴーン被告=
会社法違反特別背任などでだ」と発言したことについて声明を発表し。「
有罪を証明するのは検察であり。無罪を証明するのは被告ではない。ただ。
あなたの国の司法制度はこうした原則を無視しているのだから。あなたが間違え
たのは理解できる」などと皮肉を込めて批判した。ゴーン被告は日本時間
日夜からレバノンで記者会見し。日本の司法制度を批判するなどした。ゴーン被告が逃亡先で会見。日産自動車前会長のカルロス?ゴーン被告は8日。逃亡先のレバノンの首都
ベイルートで記者会見した。日本の司法制度を批判するとともに。逮捕はルノー
?日産?三菱の企業連合アライアンスのトップから自身を失脚させるための
陰謀だと非難した。独房に長期間入れられ。弁護士の同席がないまま長時間の
聴取を受け。迅速な裁判が行われることもないと指摘した。日本の検察

カルロス?ゴーンの身に起こっていることとは。カルロス ゴーン 海外の反応, カルロス ゴーン, 日産自動車前会長, ,
のトップへと駆け上ってゆき。歳のときにはもう南米における最高執行責任者
に昇進していました。たとえば。日本の司法当局が自白していない
容疑者に保釈を認めることは滅多にありません。東京地検は声明文の中で。
ゴーン被告は適正な扱いを受けており。彼の保釈に慎重になのは逃亡する危険性
がでは。ゴーンはなぜ逃亡先にレバノンを選んだのでしょうか?冷静に考えて。ゴーン氏の逃亡劇を受けて。日本の司法制度への批判が再び起こっているが。
逃亡事件の是非と日本の司法制度が抱える日産自動車のカルロス?ゴーン前
会長が。保釈の条件を破って国外に逃亡した。てくると見られる海外メディア
を使った「情報戦」に備え。それに対抗する手段を構築する必要性があるのでは
ないか。刑事事件の有罪率が高いという指摘も。日本の検察は証拠が固く。
有罪を取れそうな事件だけを起訴しているから有罪率難読漢字「殆」って
読めますか?

組立設置。塔イベってことは鯖数が重要…日本神話だって。元祖ひきこもりを岩戸の前で
裸踊りとか楽しそうな事をして。 @ カルロス?ゴーン
の逃亡劇…それが無くて批判するのは一般的には『言い掛かり』と言う。
勝部元気氏の「白米は健康に悪いことは医学的に証明されている」という
ツイート逃亡先から日本の司法を嘆くゴーン氏の姑息さ。付の新聞各紙は「ゴーン被告。レバノンに逃亡」朝日。「
ゴーン被告無断出国」これまで日本の司法制度を批判してきたのだから。
裁判で正々堂々と戦うべきだった。カルロス?ゴーンに待ち受ける暗い未来
とはゴーン氏の海外逃亡を肯定する朝日社説の理屈 これでは「日本が悪い」
と同じ意味だお金が貯まらない人の玄関先でよく見かける」億円貯まる人は
絶対に置かないあるもの予測困難な年。自己変革を起こそう!

ゴーン被告が批判した日本の刑事司法。日産自動車前会長カルロス?ゴーン被告は逃亡先のレバノンで。日本の
刑事司法制度の問題点を訴えた。主張する被告が現れると。『またいい加減な
弁解をしているのではないか』と考えそうになることもあった」自民#石破茂。線検査が行われることなく。箱の中に隠れたカルロス?ゴーンが。
まんまと関西空港から飛び立った保釈条件を破って国外逃亡した犯罪者が司法
を批判するのはお門違いである。日本は大昔から「スパイ天国」って言われて
たけれどな。中国の情報工作はますます進み。石破大臣も篭絡されたのでは
ないか。

客観的に見れば、めっちゃかっこ悪いけれど本人はそんな自分を、カッコいいと思っている。吠えてることも、日本から多額のお金を搾取したことさえも正当化し、自画自賛している。カルロス?ゴーンにとっては仕方ないことだったのでしょう。いくら自分が無罪だと主張しても検察は聞く耳をもたない。日本の検察はカルロスゴーンだけを有罪だと思っている。一方で、他の人は眼中にいれてない。これじゃ、日本の司法制度は不公正だ。まず、「日産の西川広人、SAR、株価連動型報酬」この3つのキーワードで検索してみてくれ。これで西川がどういうやつかわかる。今回のクーデターはカルロス?ゴーンを追い出して残った人たちでSARを利用して自分たちの報酬を不正にかさ上げしてしようとしたのが目的???とみることもできる。西川は会社に損害を与えて私腹を肥やしてる。つまりカルロス?ゴーンより悪質。検察は西川を特別背任で逮捕するべきだ。この記事みて↓日産、西川社長の辞任を発表全文1道半ばでバトンタッチ火 11:12配信 自分も火の粉をかぶるという懸念はなかったのか朝日新聞:朝日新聞の大鹿です。西川さん、そもそも論なんですけども、このSARの件でなぜそういう依頼をされたのかというのが1点と。西川:なぜ依頼をしたかというね。朝日新聞:なんで、ちょっとせこいというか、なんでそんなことをされたのかっていうのが1点と、もう1つは、去年ゴーンさんの問題が起きたあとに、ゴーンさんの不正、この問題を追及していくとひょっとしたら自分も火の粉をかぶるんじゃないかっていう、そういう懸念っていうのはなかったんでしょうか。ブーメランのように自分にも返ってくるような問題があるというように想定はされなかったんでしょうか。西川:まず最初の部分、お答えをすると、ごめんなさい。これ、なんて言いましょうか、いろんなそういう手続きものってあるんですね。SARであったり、以前は、なんて言いましたっけ、NESS、ネス 01:02:48というストックオプションの仕組みだったんですね。で、だんだん職位が上がって忙しくなってくると、これが決していいとは言ってません、いいとは言ってませんが、なぜというご質問があったんでお答えをすると、やはり確実に、それこそルールどおりにやると、その中で例えばストックオプション、もともとのストックオプションでいくと行使できる日、できない日、それからその中でも大事な情報があって、この段階ではやるべきではないというようなこともありました。そういう中で、私はやはり習慣として、もともと事務局として一番その仕組みを熟知してるところに、皆さんにお願いをすると、あるいはそこで、いつやればいいんでしょうか、いつだったらできるんでしょうかということを、本来であれば手続きの正確性を担保する意味でも任せておきたいという方向で仕事を進めていたと。それが依頼をするようなきっかけというか、対処になったというふうに私は見てます。自分は分かっていないので調べてくれと2つ目のご質問で、去年の段階でゴーン不正が見つかったときにどう見たかということですけども、やはり私から見ても、これ信じられないことがたくさんありました。ですから、まずここは不正を除去すべきだということを申し上げたと思っております。今回、結果的に私が頼んだグレッグ?ケリー以下が本来のルールと違うことをやっていたと。私は実際に頼むこと、行為がいいか悪いかどうかは別にして、頼んでおりましたんで、その先がどういうことになったかまったく分かんないんで、そういう意味では彼らがやっていたことというのは、社内調査をしてもらって、これ私が頼みました。あるとこから先は自分は分かってないんで調べてくれと。そういう中でルール違反が見えたということですので、これはもちろん決して褒められたことではありませんけども、私が去年、非常に、去年から11月、12月等で発覚をしてきた、本当の意味での意図を持った不正ということとはまったく違うというふうに私では思っております。 以上です。日産自動車?西川CEOの報酬不正受領に見る姑息さ日 8:33配信 日産自動車の西川さいかわ広人CEOオリンパス事件をはじめ数々の経済事件の裏側を暴いてきたWebメディア「闇株新聞」。今回、日産自動車の西川広人CEOが報酬不正受領していた問題に迫る。ようやく大手メディアが取り上げた不正日産自動車の西川さいかわ広人CEOが、自らが受け取る報酬を不正に水増ししていた事実が「ようやく」明るみに出てきた。参照:日産社長らが報酬不正受領、社内処分を検討へ=関係筋|ロイター「ようやく」と書く理由は、にゴーン会長当時とともに逮捕されたグレッグ?ケリー代表取締役が、「文藝春秋」7月号6月10日発売のインタビュー記事で「西川氏に日産自動車社長の資格はない」と断言するとともに、今回明らかになった不正も具体的に暴露していたからである。しかしその時点では他のマスコミはほとんど伝えることはなかった。それがここにきて9月4~5日になって、一斉に各社も報道するようになったが、ケリー被告の暴露内容以上に新しいニュースはない。それでは「文藝春秋」が発売された6月10日から3か月もたってから、何で急に各社が取り上げることになったのか?行使日をゴリ押し修正させた結果の不正な利益そこを解説する前に、西川CEOの不正について説明しておこう。西川氏を含む複数の日産自動車取締役は「株価連動型報酬SAR」を割り当てられており、あらかじめ決められた行使価格に対し各自が決めた行使日の株価との差額に割り当てられた株数を掛けた金額が、現金で支給されることになっていた。西川氏はに行使したものの、日産自動車の株価がその後も上昇したため、いったん決めた行使日を秘書室にごり押しして5月22日に修正し4700万円もの利益を不正に得たというものである。もちろんいったん行使すれば、後から行使日を修正することは「明らかな不正行為」であり、まだ時効になっていない。この時点において西川氏が受け取った「株価連動型報酬」の総額は1億5000万円にも上り、ひたすらゴーン被告とルノー本社に対する忠誠心を見せるだけの「ご褒美」が1億5000万円もの「株価連動報酬」となっていたことになる。もちろん通常の役員報酬とボーナス以外に「株価連動報酬」まで受け取り、さらに不正な手段まで用いてそれを上乗せしていたことになる。9月5日早朝に報道陣に囲まれた西川氏は、何とこの期に及んで「株価連動型報酬についてはケリー被告ら事務局に一任しており、適切に処理されていると認識していた」とトボけていたが、明らかにケリー被告の暴露と違っている。ケリー被告は西川氏がはっきり認識したうえで秘書室を通じて事務局に圧力をかけたと明言している。ゴーンを「売った」傍らで同じ不正を働いていた西川CEOまた西川氏は、2017年4月に代表取締役社長兼CEOの座をゴーンから譲られているが、その時点でゴーン被告あるいはルノー本社から「最もゴーンやルノーを裏切らず、日産自動車から搾り取れるものはすべて搾り取れる日本人である」と評価されていたことになる。それこそが西川氏の存在価値だったことになるわけだ。そんな西川氏が、今度はにゴーン被告とケリー被告を東京地検特捜部に売り渡すことになる。その理由は、同年春頃から日産自動車とルノーの経営統合についてゴーン被告から聞かされていたものの、その新会社の最高幹部に自分の名前がなかったからではないかと考えている。日産自動車をルノーに売り渡すことを「食い止めよう」などと考えたはずはなく、ひたすら自分のことだけを考えた行動なのではなかろうか。なぜならば、西川氏は、ゴーン被告を東京地検特捜部に売り渡した理由ゴーンの不正報酬と同じような不正を自分も同時期に行っていたことになるからだ。しかもゴーン被告とケリー被告を東京地検絵特捜部に売り渡す時に、自分の不正は大目に見てもらえると思ったかもしれない。先にチクった方がいろいろ有利になることは事実である。ところが東京地検特捜部はたぶんそれらしきことは言ったはずであるがそれをそのまま守るほど「お人よし」ではない。ただ、今まではゴーン被告とケリー被告を「有罪」にするための証言を西川氏らから引き出すために、波風を立てないようにしていただけである。そしてそれが一段落したため、今度は西川氏も捜査対象に加えようとしているはずであり、それが先ほど書いた「何で今頃になって各社が西川氏の不正を急に取り上げるようになったか」の答えである。東京地検特捜部くらいになると世論も気にするもので、そのためにマスコミにリークして「西川はこんな悪い奴なんですよ」と世論を洗脳させるものだからである。日産は手遅れになる前に「第二幕」を上げよゴーン被告という「重し」が取れた日産自動車は、2019年4~6月期の営業利益が前年同期比99%減のわずか16億円であった。ところが西川氏はそこでも自らの経営責任には全く触れず、ゴーン被告の「行き過ぎた経営」の弊害であると平然と述べ、生産体制の見直しと称して1万2500人もの首をあっさりと飛ばしてしまった。西川氏の経営能力はゼロである。ここまで日産自動車の業績が悪化すると、それまでさんざんルノーの業績をかさ上げしてきたところから、今度はルノーにとってもお荷物となるため、西川体制のままなら今度は日産自動車そのものが「路頭に迷う」結果になりかねない。指名を受けて迎合し、情宣する朝日新聞、テレビ東京、小学館の方がかっこ悪いと感じますっ.逃亡犯罪者の戯言を日本が許すのかを見守りたい。同感です。かっこ悪いです。逃げたのは、関係者には無礼ですが、凄すぎてかっこ良かったです。それが記者会見を開くというのですから、それこそ日本政府を慌てさせるほどのことを言い放って見せるのかと思っていましたら、そんなこと全くなくて自己弁護ばかり。それが正しいのなら逃げずに日本の裁判所で証言すればよいと感じた者も多かったでしょう。あのような記者会見を開くぐらいなら、そのまま雲隠れして、一切マスコミを遠ざけ、権力には捕らえることができない、謎多き強い男であり続けるべきでした。倒産しかけていた日産をV字回復させ、世界的に名前が知れたセレブ企業経営者のイメージからはかけ離れた平凡な男であることを晒しました。落ちるところまで落ちたということを、本人が自覚することのほうが先ではないかと、何も関係はありませんが心配します。これで映画化はありませんね笑逃げられた上に批判されてる日本の方がカッコ悪いだろ悪いですね。特定のメディアだけ対応させるとは卑怯です。悪くなければ堂々としてほしいと思う。そのゴーンに対してつばを吐きかけ続けている西川が最悪。僕から見ると、むざむざと逃げられてる方がかっこ悪いけどね。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です