零戦などの値段 零戦現在の値段で億円くらいか

零戦などの値段 零戦現在の値段で億円くらいか。零戦現在の値段で億円くらいか 零戦などの値段。ゼロ戦機 億,万円 式爆撃機 機 億,万円 これが安いか高いか?
想像におまかせします。^^;ちなみに。現在の値段は セスナ機等の小型機 機
億~億円 ジェット戦闘機 機 億~億円 です。参考に零戦。かつての日本海軍主力戦闘機?零戦を。日本人で唯一保有している人がいる。
年海外在住の石塚政秀さん。歳。今年それは妥当なお値段なんですか?
アメリカの-マスタング。-ライトニングなど海外の戦闘機と比較しても。
だいたいこれくらいだと思います。高い買い物をしたとは思っていません。唯一
オリジナルの中島「栄」エンジンで飛んでいる零戦型は億円の値札が付い
ていますし。次のページ現在。飛行可能な零戦は世界に4機だけ

この零戦。石塚 購入した価格は。メッサーシュミットやスピットファイアー。P-
マスタングなど。海外の戦闘機と比較してみてもだいたいこれくらいの価格だと
思います。 オリジナルの中島飛行機製「栄」エンジンを搭載している零戦軍事のツボ日本人所有の唯一の零戦が海外流出へ。売却先は不明だが。価格は500万ドル5億7000万円という。 7月には
知り合いのスイスにある航空機売買の仲介をする代理店から「海外マーケットに
出さないか」と誘われ太平洋戦争当時の旧日本軍の兵器の値段は。意外なことに。この零戦の値段は余り明確ではありません。現代でも兵器は
とても高価で先に挙げた対艦ミサイル『ハープーン』は発。億円くらいします
し。戦闘機とも成れば億円を軽く超えるものと考えられます。

零戦現在の値段で億円くらいかの画像。

昭和16年秋頃の零戦21型の平均価格が156,787円となっていました。価格の内訳については、機体単価が既に量産が行われていた三菱製で55,000円、製造を受注したばかりの中島製が69,000円、エンジンが26,037円、搭載兵器兵装や計器類、通信機器などの総称が68,750円。これらの単価を合計すると三菱製が149,787円、中島製が163,787円、平均価格156,787円米一俵の価格が昭和16年で16円50銭、平成29年度の米価が約15,000円、909.09倍なので零戦の価格は142,534,000円1億4千2百万円で安すぎるので、大卒銀行員の初任給での比較だと、昭和15年、大卒銀行員初任給70円、現在は約20.5万円で2928.57倍、このレートだと459,162,000円4億5千9百万円石塚氏所有のリバースエンジニアリングで新造された零戦二二型がPWエンジン付きで 3億5千万円ですので、4億円前後で良いと思います。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です