食い物にされる“福祉” 一般企業でA型就労支援事業所の中

食い物にされる“福祉” 一般企業でA型就労支援事業所の中助成金目当て定員増やてきたころ通達破産たりて。A型就労支援企業て立ちいかない 厚生労働省の通達で、助成金直接障害者の賃金回てならない いうこ

一般企業でA型就労支援事業所の中、助成金目当て定員増やてきたころ、通達破産たりて

実際最低賃金稼げる障害者(全国平均時給870円)かなり限られてきます
入社時、時給870円て稼げる障害者ほんどいない思、どうなのでょうか 助成金。雇用調整助成金は。企業が従業員に休業手当を支払う際に助成する制度で。現在
。特例措置として日額上限を,円また。熊本県では。熊本県内の事業所
において。雇用調整助成金又は緊急雇用安定助成金の交付を受けた中小企業事業
主等に介護職員になるための研修を修了した場合に。支援金として最大万円
を貸し付け転居費や介護用具の購入を対象と運動不足の方も増えてきている
というニュースをよく聞きますので。このような非常時でも体力維持や健康管理
には気

食い物にされる“福祉”。しかし中には。自治体からの給付費や助成金目当ての理念なき経営者も存在し
ます。福祉事業所の突然の閉鎖 急増する“就労継続支援型” 年で倍以上に
給付費で障害者の給料を賄う現実 規制強化が事業所や障害者を

これは一重に事業所の責任です。収益事業としての本業がないから起こるのです。本来介護報酬は助成金と勘違いされる人がとても多いですね契約して通ってもらうことで得られるものは介護報酬です。これらは介護職の給料や事業運営経費に使われるべきものです。事業収益から就労者の給料や保険年金を支払わなければなりません。内職程度の仕事しかないのにA型で事業ができるわけがないのです。A型は利用者と雇用契約を結びます。事業収入が無いから利用者の法定福利費も賃金も払えないから介護報酬と立ち上げ時に受け取った助成金を流用するのです。お金が尽きれば潰して別の人間を代表にして次の事業所を作り助成金を受け取り回していくという悪徳業者が絶えないのです。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です