C/C++ 動的メモリの確保行い任意の数の実数入力た後

C/C++ 動的メモリの確保行い任意の数の実数入力た後。動的メモリの確保行い、任意の数の実数入力た後
最大値求めるプログラム作成せよ

なお、以下の関数定義使用するこ データの個数入力てください:5
1個目の実数入力てください:0 53
2個目の実数入力てください:9 43
3個目の実数入力てください:2 98
4個目の実数入力てください:5 41
5個目の実数入力てください:7 34
最大値、9 430000
double Max_d(double *d, int n)
↑実数 ↑実数の個数

include <stdio h>
include <stdlib h>
void ShowData(int *p, int n);
void swap(int *n1, int *n2);
void RevData(int *p, int n);

int main(void)
{
int n, k;
int *data;
printf("データの個数入力てください:");
scanf("%d", &n);
data = (int *)malloc(sizeof(int)*n);
if(data == NULL)
{
printf("メモリの確保失敗 \n");
exit(0);
}
for(k = 0; k < n; k++)
{
printf("%d個目の実数入力てください:", k+1);
scanf("%d", (data+k));
}
printf("処理前:");
ShowData(data, n);
RevData(data, n);
printf("処理後:");
ShowData(data, n);
free(data);
return 0;
}

void ShowData(int *p, int n)
{
int k;
for(k = 0; k < n; k++)
{
printf("%d, ", *(p+k));
}
printf("\n");
}

void swap(int *n1, int *n2)
{
int tmp;
tmp = *n1;
*n1 = *n2;
*n2 = tmp;
}

void RevData(int *p, int n)
{
int k;
for(k = 0; k < n/2; k++)
{
swap((p+k), (p+(n 1) k));
}
}

似たようなソースコードあるんけど???c++。面倒ではあるが,その代わり, 一方,後処理については,本処理が実行できた後
複数の数値を入力してその和を求める」とかいうように。複数のデータを一
メモリの確保数を変更することで配列の要素数を動的に変更することができます
。そうすると,配列を利用するプログラムの実行中に, ゲーム盤を任意の大き

配列を自由自在に作る。任意の要素数の配列を確保するには。演算子を使用します。 なお。
関数で確保したメモリを。ヒープと呼ぶことがあります。 また。ヒープに確保
された配列を。動ポインタ⑤動的なメモリ割り当て。動的記憶域期間を持つオブジェクトは。任意のタイミングでメモリ上に置かれ。
任意のタイミングで削除できます。では実際に。動的メモリ割り当てを行い。
動的記憶域期間を持つオブジェクトを作ることを体験してみましょう。さて。
動的に確保されたメモリ領域は。使い終わったら解放しなければならないので
した。問題③ 標準入力から。型に収まる整数値が繰り返し入力されるとして
。すべての入力を受け取った後。受け取ったすべての数値を標準出力へ出力する

6.メモリ領域の動的確保。メモリを動的に確保する際は関数を使います。というヘッダ
ファイルで宣言されています。 <例6?1>この例では。キーボードから入力
した要素数を持つ型配列のためのメモリ領域を。動的に確保しています。
宣言時には。その表示が終わった後。確保したすべての領域を開放します。
= ;第。- 動的なメモリ確保 変数とメモリ 言語では情報処理は変数により行います
。 変数はプログラム実行時にメモリ上に配置されます。あとはそのポインタ型
変数を使って で確保した領域にアクセスします。 *; /* 実際に
文字。整数。実数を入れられる場所はまだない */ ===
{ ,メモリーが確保できませんでした/; 人数を入力
されたら。下記に示すような構造体の配列を作り。 学籍番号と名前を入力させ
なさい。

C/C++。プログラム例 メモリの動的確保 次元配列,; プログラム例
メモリの動的確保 次元配列,; プログラム例
[] = []; // の値を入力等によって決めた後 [] = [
];メモリ操作C言語。これは多くのプログラミング言語で共通ですが。言語では任意のサイズの
メモリをプログラマ自身が確保/解放する処理を書くことができます。 メモリの
操作関数は。指定したサイズのメモリを動的に確保する関数です。
関数第十一回。; // 配列の要素数として用いる配列の要素数を入力してください
; ; // この行は初めて登場するが。「コンソールから入力された値を
に代入する」という意味である読み込まれた の値はです/

このプログラムは「実数」版じゃないので注意笑#include stdio.h#include stdlib.hvoid ShowDataint *p, int n;void swapint *n1, int *n2;void RevDataint *p, int n;int mainvoid{int n, k;int *data;printfデータの個数を入力してください:;scanf%d, n;data = int *mallocsizeofint*n;ifdata == NULL{printfメモリの確保に失敗しました。/n;exit0;}fork = 0; kn; k++{printf%d個目の実数を入力してください:, k+1;scanf%d, data+k;}//printf処理前:;//ShowDatadata, n;//RevDatadata, n;printf最大:;//ShowDatadata, n; RevDatadata, n;freedata;return 0;}//void ShowDataint *p, int n//{//int k;// RevDatap, n;//fork = 0; kn; k++//{//printf%d, , *p+k;//}//printf/n;//}void swapint *n1, int *n2{int tmp;tmp = *n1;*n1 = *n2;*n2 = tmp;}void RevDataint *p, int n{int j,k;forj = 0; jn-1; j++{fork = j+1; kn; k++{ if*p+j*p+kswapp+k, p+j;}}printf%d, , *p;}

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です