STEP2 高校物理の光の分野ついて凸レンズ大きい屈折率

STEP2 高校物理の光の分野ついて凸レンズ大きい屈折率つ液体の中入れて光線当てる凸レンズ出た光散乱する理由。高校物理の光の分野ついて、凸レンズ大きい屈折率つ液体の中入れて光線当てる凸レンズ出た光散乱する理由 第Ⅴ章。自然科学にはどのような部門があるか,物理学は,その中でどのような位置に
あるかについての知識を得る。実 験, 熱量計または口の広い魔法びんの
水中にニクロム線を入れて電流を通じ,発生する熱量と電流の強さ?電圧?問
答, 凸レンズの虚像の位置の見つけ方,どんな虫めがねが倍率が大きいかなど
について問答する。実験教師と数名の生徒で, 水槽を用いて光の屈折を
実験して見せる。1 閉じこめられた液体に圧力を加えると,その圧力はどの
ように伝わるかSTEP2。幾何光学。波動光学; レンズを通る光の描き方; 光の振る舞い~凸レンズの場合~;
光の振る舞い~凹レンズの場合~; 実像と虚像わかってしまえばごくごく
当たり前なことなのですが。私は。この会社に入って光を勉強するまで。全く
わかりませんでした。まずは。光がある点に当たると。現実にはあらゆる方向
へ反射されますこれを散乱といいます。物体のある点から出た光は。
レンズを通過すると。平行赤線になります。無限遠に結像します実際には
結像しません

Bussei。応用物理学会結晶工学分科会会誌 で。を抜粋して紹介してい
ます。金の透過光について, 光物性, 高校教諭山本さん少し前に などの
屈折率の貴重なデータを先生から頂ました電気通信大学の冨田でございます.
金属に光を当てて反射スペクトルをとって。それからクラマースクローニヒ解析
を使って光学定数屈折率?消光係数κをスピン緩和が大きいとスピンを
吸収する」理由ですが。「非平衡スピン蓄積 =スピン流」と記述されています
ように。レンズを通る光。ガラスあるいはプラスチックなどと空気の屈折率の差を利用して。狙い通り
に光線を屈折させ。光線の束を収束?発散左図のように。光軸に平行な光線を
凸レンズの左側から当てると。 光線はレンズで屈折し。右側の光軸上の点を
通過します。物体から出た光線がレンズを通ってどのような像を作るかという
ことを考えるとき。無数の光線のうち。進み方の明確な3本の光線について
考えるとわかりやすくなります。 凸レンズ 光軸に平行な光線は。
凸レンズを通っ

第Ⅴ章。物理の学習は,どのような方法で行われるかについての知識を得る。 5.の
水中にニクロム線を入れて電流を通じ,発生する熱量と電流の強さ?電圧?時間
の関係を測定して調べる。実験教師と数名の生徒で, 水槽を用いて光の
屈折を実験して見せる。話合い, 液体の中で物が軽くなる実例について
話し合う。

散乱ではなく発散ですね。散乱というのはすりガラスのようなざらざらな面に光が当たった時に四方八方に散らばる現象です。レンズが一般的なガラスでできているとして、その屈折率はおよそ1.5から1.6です。空気中にレンズがある場合、光の速度は空気中屈折率1に対してガラス中の方が1/1.5 倍、すなわち遅くなります。凸レンズに真っすぐ光が入射する場合、中心部の光が先にレンズの中に入り、外周部はしばらくレンズの外を進みます。このとき、先にガラスの中に入った光の進む速度は空気中より遅くなりますから、空気中を進む周辺部の光に追い越されます。周辺部の光がレンズに入射する頃、中心部はまだ後ろの方にいます。そして、凸レンズから再び空気中に出射するのも外周部が先ですから、中心部の光がレンズを出るころには、周辺部の光は随分先に行ってしまいます。結果として、波面を考えた場合、周辺部が先に進み、中心部が遅れますから、最初真っすぐな波面だったとして、凸レンズを出る時点で中心に集まるような形の波面になりますから、光束はどんどんすぼまって行き、焦点に集光するわけです。ところが、レンズの外部に、レンズより屈折率の大きな液体がある場合はどうなるでしょう。屈折率が大きいということは、すなわち光の速度が遅いということです。先にレンズに入射する中心部はガラスの中を進みますから、液体中を進む光より速く進みます。周辺部がレンズに到達する頃には、中心部を進む光は先に行ってしまっています。さらに、凸レンズを出るのも周辺部が先ですから、液体に出てから再び光の速度はガラス中より遅くなり、結果として光が凸レンズを通り抜けた時点で、中心部に対する周辺部の遅れはさらに広がります。凸レンズに入射する前の波面が真っすぐであったとして、レンズを抜けると真ん中が先に進み、周辺が遅れますから、光軸から外側に向かって広がるように進むわけです。つまり、空気中にある凸レンズが、高屈折率液体中では凹レンズとなってしまうわけです。ガラスが入ることによってその周囲の液体が凹レンズの形状になるからです。液体の方がガラスより屈折率が大きい場合、液体による効果がガラスに勝るのでそうなります。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です