Untitled 戦争中日本併合され同化政策行われたの台

Untitled 戦争中日本併合され同化政策行われたの台湾韓国。戦争中日本併合され、同化政策行われたの、台湾韓国、 なぜ、台湾屈指の親日国なり、 韓国屈指の反日国なってまったんか 日本の朝鮮植民地支配。1910年の韓国併合から。1945年の日本降伏まで。朝鮮半島は35年
にわたって日本の植民地として支配された。期に。1920代に続いた文化
政治の段階。そして1940年代の戦時下の軍政時代の凡そ三期に分けることが
できる。は文化政治が行われ。朝鮮総督は現役の陸海軍大将を充てる規定から
文官も可とする規定に改められ。憲兵も廃止されてなどの同化策も日本国内で
異を唱える人は無く。日本人はほとんど無自覚の中で朝鮮植民地支配が強化され
ていった。歴史教科書を斬る。日露戦争のさなかから。韓国は。日本による植民地化の動きにさらされていきま
した。1905明治38年には外交権がうばしかし。わが国が韓国を併合
するに至った経緯は。このような日本の征服欲一辺倒という単純なものではない
。この国の歴史を見ても。その進歩したことは。日本よりはるか以上であった
時代もある。したがって。日本が朝鮮を「植民地支配」して「同化政策」を
推し進めた。という記述は。日本が朝鮮を差別して差別をなくした。という矛盾
した

Untitled。日本の異民族支配の基本は同化政策であり,中でも内地延長主義が採用された朝鮮
?台湾?樺 太においては年の「韓国併合」以来。一貫して日本の朝鮮支配の
基本方針とされた同化政策は, 方で受容的それではなぜ日中戦争を直接の契機
として「内峠一体」「皇民化」などの同化政策の強化がもた らされたそれは
「一人でも志願しない者があっても朝鮮人の立場は無に等しい」という信念で行
われ,

統治のあり方と抗日運動の性質が異なっていること、さらに戦後のそれぞれの国おける「知日派」の処遇に違いがあるからです。 ※韓国に限定するとややこしいので、終戦以前は「朝鮮」とし、南北を合わせた回答とします。<台湾>台湾における抗日運動は、差別的な待遇や蔑視に対する抵抗?抗議の側面が強かったようです。これに対して台湾総督府は、抗日運動を厳しく取り締まるとともに、差別的な待遇などの改善を実行する「アメとムチ」の姿勢で臨みました。こうした日本統治時代を台湾の人たちはどのように総括したのか。それが劇的に現れるのは引き揚げ時の様子だと思います。敗戦後、日本が台湾を引き揚げる際は略奪などは起きず、進んで引き揚げ作業に協力する台湾人もいたようです。港では日本人の学校の先生との別れを惜しんで涙を流す台湾人の教え子たち姿もあったようです。<朝鮮>朝鮮における抗日運動は、特権を奪われた両班などが組織化したもので、日帝支配そのものに対する抵抗でした。したがって、台湾の抗日運動とは異なり、折り合いがつく余地はなく、抗日運動を厳しく取り締まった朝鮮総督府と抗日派の朝鮮人の間の対立は先鋭化せざるを得ませんでした。したがって日本が朝鮮から引き揚げる際は台湾のような穏やかなものではなく、略奪?強姦?虐殺が頻発したとの引き揚げ者の証言もあります真偽は不明。<違いがあった理由>台湾と朝鮮で様子が大きく異なったのは、台湾では文官エリート役人が総督に就任した時期があり、日本領土である台湾の経済発展?インフラ整備に力を注ぐとともに、円滑に統治するためには、台湾人を慰撫し、台湾人を尊重することが重要であることに気づいていたからだと思います。抗日運動も激しかったことから、武断統治をせざるをえなかった朝鮮においては文官が総督になることはなく、すべて陸海空の軍人が総督を務めました。朝鮮半島は満州と日本をつなぐ軍事的にも経済的も最重要な要衝であったため、文官が総督に就任することは考えられない、という事情の方が大きかったと思いますが。<戦後の「知日派の知識人」の扱い>台湾の日本統治が比較的明るい側面のエピソードが多く、朝鮮の日本統治に暗いエピソードが多いのは、戦後、両国が日本統治時代に日本からエリート教育を受けた「知日派」をどう遇したかの違いが大きいと思います。戦後、台湾に敗走した国民党は国民党政権下で国民党から差別的待遇を受けたものの「日本統治に協力したから」とか「知日派だから」という理由で台湾人のエリート層を弾圧することはありませんでした。したがって、日本統治時代を是々非々でとらえる理性的な論陣が存在できました。一方、朝鮮半島においては、戦中は大陸に逃げ込んでいた韓国の李承晩は自らの政権基盤を安定させるため問答無用で「知日派」を徹底的に弾圧し、韓国の権力機構から知日派を放逐し、あるいは虐殺しました。したがって、日本統治時代を是々非々でとらえる知識人は存在できず、日本の不幸を喜ぶ歪な風土が形成されていきました。<結論>こうした、統治のあり方、抗日運動の性質、戦後のそれぞれの国における知日派の知識人の処遇の違いが素地となり、「是々非々でとらえ、よいところは取り入れ、尊重する余地が生まれた台湾」と「理性的でロジカルな日本観が醸成される余地が乏しく、感情で対日関係に望む韓国」という違いが生じるようにしました。しかし、韓国の人たちが、産経新聞史観のように、大多数が日本を「憎悪しているか」かのように思っているのか、というと、それは違うを思います。韓国の人の観光目的での日本への渡航者数の増加は「まだ公には日本が好きとは言えないけれど、内心では好意を感じている」いわゆる“ツンデレ”な人たちは若年層で増えていると思います。あるいは「国と国との関係と、人と人の関係は違う」と割り切る考えを持っている人は増えているように思います。産経新聞史観もしくは口汚くレベルの低い嫌韓イデオローグに振り回されず、韓国の人たちの実態と心情を知る努力を日本人はしなければ、日韓の不幸な関係は長引くように思います。東南アジアのリーダーであることを自覚し、器の大きい姿勢で臨むべきだと思います。また、台湾の人たちは人間として大陸的な優しいけれど、日本人が思うほど「日本礼賛」「世界一の親日」でもありません。是々非々の理性的な姿勢をもっており、日本がおかしなことをすれば、当然、批判はあります。台湾の人たちが親日であることに甘えて、一部で「台湾で日本人はなにをやっても許される」「オレたちの方がエライ」「台湾は弟」みたいに台湾を見下している人たちがいるのは、非常の残念です。とくにフジテレビ。韓国に触れたので北朝鮮にも触れなければなりません。戦後、金正日は李承晩とは大きく異なり、「知日派」を弾圧せず、むしろ活用しました。日帝時代にエリート教育を受けていない抗日パルチザンの荒くれものだけでは国家運営できないことは明らかでしたし、抗日パルチザンで活躍した自分のライバルや自分を追い落とす可能性がある有能な人材を抹殺し、強力な金一極体制をつくりあげるため、知日派にシフトした、とも言えます。北朝鮮政府の長老たちが日本語を話せるのはそのためですし、金独裁体制の暴力支配の構図やその方法論が戦時中の日本の翼賛体制や国家総動員体制とそっくりなのはそのためです。東京ディズニーランドを楽しむために日本に不法入国したり、マグロのトロの寿司が好きだったり、演歌が好きだったりするのは、金王朝の底流には北朝鮮の知日派がもたらした影響が色濃いのだと思います。個人的には南より北朝鮮との方が実際的な話ができる、と感じています。拉致問題さえ解決すれば。台湾ももともと中華民国が大陸を支配している間は強い反日国だったよ。東京裁判で最も激しく天皇以下戦犯の処刑を求めたのは中華民国だったし、1950年代までは朝鮮以上の反日国だった。でも中国共産党との戦いに敗れて大陸を奪われると、生存維持のためにはアメリカやその傘下である日本?韓国と距離を縮める必要が出てきて親日に転換した。また、現代の台湾は国共内戦に敗れて台湾に渡ってきた大陸出身の人口が非常に多くなり、戦中戦前の日本統治をいい意味でも悪い意味でも経験していない人口が多いことも反日傾向を抑える要因になった。韓国は米軍が直接駐留し、独立に当たっては戦前から強烈な反日独立運動家の李承晩が政権を長く維持したため、日本に依存せずともアメリカが直接支配下に置いたため敵対関係が強化された。またアメリカも日朝が接近して再び併合し強力な国家とならないように徹底して両国の仲介を避け、あるいは戦争にならない範囲で対立を煽ったたため現代にいたる。また大半の人口が戦前の日本統治を経験していることと、日本統治時代に利益を得た朝鮮人は大半が財産の没収や公職追放されて力を失い、逆に抗日派が長く政権をとったため世論も反日傾向が強くなった。韓国は北朝鮮との関係で反日。韓国の世論を親北朝鮮に誘導する為に、反日宣伝を繰り広げている。一方、台湾は中華人民共和国との関係で親日。中華人民共和国に意地悪されて世界的に孤立している台湾は、日本を味方にしておきたいのだ。日本統治時代だと、抗日運動は朝鮮よりも台湾の方が活発だったのだとか何とか。台湾は元々、無数の少数民族からなる多民族の島だったみたいね。民族同士は独立を保ち、島単位でも統合しないままの状態だったみたいな話。だからなのか…個人レベルでも反骨心が強く、纏まりにくい風土って事もあったみたいね。名前を見ても中国っぽい漢字三文字の人もいれば、四文字以上の如何にも当て字っぽい名前の人もいますよね…朝鮮の場合、支配者-被支配者みたいな社会体制が出来上がっていたので頭の挿げ替えだけに注目していれば或る程度読み解く事も出来るのではないかしら。デタラメ回答がありますが…そもそもが極めて短絡的でヒステリックな民族なのです。まともな理屈は通用しません。しかしプライドだけは高いのです。儒教の教えが広く伝わる韓国では序列を重んじます。彼らの理屈では中国が長男、韓国が次男、日本は三男なのです。兄である中国には媚びへつらう一方で、弟には傍若無人が罷り通ると考えるのでしょう。如何にもチンピラ的行動原理です。その日本が兄である韓国を併合した上に敗戦後には急成長しアジア唯一当時の先進国にまで発展した事が悔しくて悔しくて堪らないのです。更には、中国が日本に対して南京大虐殺をネタに「謝罪しろ」と繰り返し訴え、日本が謝罪すると「反省が足りない」「誠意を示せ」と恫喝した事によって日本から政府開発援助ODA、無償円借款、人材育成、技術供与など様々な形で金品を掠め取る事に成功したのを目の当たりにしたのです。この成功体験に学び、慰安婦ネタで全く同じ事を繰り返したのが韓国でした。因みに米軍ネタが沖縄です日本を恫喝する事で金品を掠め取る事が出来ると同時に韓国国内では高く評価されるのですから韓国政府としては一石二鳥でした。極めて大人しい日本を責める事こそが韓国人のプライドを保つ唯一の手段だったのです。強い相手には従順な反面、弱い反撃、反論しない大人しい相手には情け容赦しないというコリアン特有の行動原理が「反日」という行動を称賛するという事です。大人しい素人にイチャモンをつけるチンピラの事を「カッコいい」「男らしい」と賛美するのと同じです。併合されたのは朝鮮であって、韓国ではありませんというか当時はありません。で、理由ですが色々あります。政治的に見れば、朝鮮は戦後勝手に独立して、反日になり竹島盗ったり、日本侵攻企てたりその隙をつかれて朝鮮戦争起こされた挙句日本亡命なんて考えた恥知らずですが、朝鮮戦争が起こってボロボロになって、暫く北朝鮮以下のどん底経済、隣を見ると戦後、敗戦国もなんのその世界2位の経済大国。情報統制してそのことを極力伏せてたんですが、まぁ、国民からなんで勝手に独立したんだと突き上げられますわ。なので、そう言われないように悪の日本帝国主義から民族救済の為に立ち上がったとかなんとか都合の良い事並べ立てたんです今は少ないですが、韓国のお年寄りの中には日本時代が良かったという人は結構いたのです。で、延々とそれを続けて引っ込みがつかなくなった。あとは、文化的というか思想というか。先ずね、中華主義。中原の華、中華王朝が世界の中心であり、皇帝は世界の全てを有する絶対者ってのが中華思想なんです。日本もハワイもアメリカも、すべてが中華のモノ。中華王朝以外は蛮族。南蛮、東夷等々、下に見ていたんです。*卑弥呼だって、あれ、正しくは日巫女、日御子って説があるからね。そもそも自分の国の代表者に卑なんて字をあてるのはおかしいし。卑弥呼って字は下に見る為に中華王朝が当てた字って説がある。*尚、今の中国人もその傾向がありますが、元なんてモンゴル人ですし、最後の王朝である清も女真族で中華的には蛮族です。というか結構な割合で蛮族に負けて王朝取られてます。で、そういう点では韓国というか朝鮮も蛮族というか、もう奴隷の中の奴隷というポジションなんですが日本とかは元寇とかで勝った事まであるし、南蛮もベトナムとかだけど結構強かった。モンゴルはね、もう、当時の世界の覇者だから欧州にまで手を伸ばしたイスカンダルアレクサンダー以来の征服王、事大主義、小中華って自意識もっちゃたんですよ。事大主義儒教思想の悪い面は強きに靡く蝙蝠主義。小中華は、中華が絶対なら、その中華に近い国がナンバー2という負け犬思想。朝鮮は近いし、延々と奴隷やっているから、下っ端の中では1番偉いんだという考え。で、日本は朝鮮より中華から遠いから朝鮮より下って思想ね。これがもう、昭和大正明治どころか江戸やさらに昔まで延々とこびりついているの。*江戸時代の記録で向こうの外交官招くこともあったんだけど、ひたすら面倒なだけ、みたいな感じ。態度デカいし、手癖悪いし宿泊施設の備品無断で持ち帰るとか普通にやる、それでいて国力は徳川政権どころかそこそこの大藩以下加賀藩とかだったら単独でなんとかなったんじゃなかろうか。で、下に見ている日本が実際には何段も格上なのが気に入らないの。で、向うは努力して追い抜くよりも足を引っ張って自分達より下に落とすって考えが主流だから、反日ヘイトでどうにかしようとするんだよ。台湾の場合は政治的には、反日になる可能性はあった。戦後、台湾を返還して、国民党軍が乗り込んできたんだけど、当時の人達って軍隊って帝国軍知らないのよ。台湾だと帝国海軍かな。*陸軍もいただろうけど、帝国海軍って非常にお行儀の良い軍隊だったんだよね。先進国の中でもね。*幹部養成校の海軍兵学校もその手のマナーやモラル教育にはかなり厳しかったしね。幹部士官、特に海軍士官は外交官の面も多分にあるから、そういった面が重視されたんだけど。だから、台湾人の軍隊の認識は帝国軍人尚、台湾人でも志願でき軍人はそれなりに人気の高い職業。でもやってきたのは山賊もどきの国民党軍共産党軍よりマシかもしれんが。*規律の取れた行軍も、整えられた身形もない。ダラダラてんでばらばらに歩く薄汚れて下品な男の群れ。帝国軍人だと考えられない乱暴狼藉をやりたい放題。それこそ店の商品を勝手に持って行く、抵抗すれば殴られるで済めば御の字、それどころかやってきたら妻や娘は家の奥に隠すか何処かに逃がすかしないと何をされるか分からない。なので現地人は、復帰を喜んだのもつかの間日本時代は良かったってなる。で、国民党が共産党に敗れて台湾が中華民国に。敵の敵は味方と国民党はアメリカ、そしてアメリカ陣営の日本と結びつきを強める。で、軍事は兎も角、経済的には日本が主になるんだけど、その頃はまだ日本に統治されていたころの人が殆ど残っててね。経済協力は凄くうまく行った。そりゃ台湾人は日本語も日本文化も馴染みがあったからね中国語よりも日本語の方が上手いって人もいたかもね。日本も台湾もやり易い。返還後短い断絶はあったけど、日台は交流が深いんだよね。で、文化的には台湾も位置的には中華圏で儒教に染まっているんだけど。島国ってことで切り離されていたから独自文化が濃かったし、本土人は野蛮人扱いして鬱陶しいだけだしとあまり本土に対する帰属意識はなかった。台湾人にしてみれば清から日本に移っても上が変わっただけって意識が強くて朝鮮みたいに下に下克上されたって意識は薄かったみたい。で、次の上は前より遥かにマシだったしね。*学校作ったり病院作ったり農地改革してくれたりとプラスが多かった。尚、当時の教育とか基本平等です。台湾人と日本人が普通に机並べて勉強してました。現地人の役人登用もしてましたよ下っ端だけじゃなくて幹部登用もね。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です