Victory 漫画サーキットの狼度登場ならすべて雑魚扱

Victory 漫画サーキットの狼度登場ならすべて雑魚扱いだったハコスカGT。漫画「サーキットの狼」度登場なら、すべて雑魚扱いだったハコスカGT R
当時のスーパーカー達確かかなわなかった思、当時の日本最速車 ロータスヨーロッパ本当遅かったのでょうか

条件1
どちらノーマル GT R160PS、ロータス126ps(漫画同じツインカムスペシャル)
条件2
ドライバーの実力ほぼ同等
条件3
筑波サーキット5周

条件でハコスカGT Rロータスヨーロッパ勝て 池沢早人師。日産 スカイライン- 全長×車年。代目スカイライン通称ハコスカ
に -が登場。ニッサンの型エンジンをベースとして開発された
型は。純レーシングカーにしか採用されていない高度なメカニズムだった。

Victory。初めて読んだマンガが「ショック」というタイトルのやつで。ロマン以前の
作品だったんだけど。その時痺れた当然俺はハコスカが好きなんだけど。
チェリーのも好きな車なのよ乗ろうとは思わないけどね笑 この作者。
よく分かってる!!。嬉しい!!こんなマニアックなマンガ読んだことねぇ。
いままでのサーキットの狼や。よろしくメカドックのようなマンガマンガし
そして。知らない間に中途半端な状態で連載が終了していたので。物凄く残念で
ならなかった池沢早人師が愛したクルマたち『サーキットの狼II』とその後番外。すべての画像を見るサーキットの狼』に登場した“風吹裕矢”のロータス
ヨーロッパ スペシャルを忠実に再現。サーキットの狼ミーティングに集まった
スーパーカーの中でもひときわ目立つ存在だった。さんは年齢的に
リアルタイムで作品に触れていないと思うけど。歳の“風吹裕矢”がいてくれた
ことは漫画家冥利に尽きる。もし。これからフェラーリを買いたいという人が
いるなら。ボクは絶対にモデルをおすすめする。マクラーレン 再考!

池沢早人師。ロータスヨーロッパ スペシャル; フェラーリ ; デ?トマソ?パンテーラ;
型フォード; 日産 スカイライン-ここには。かつてスーパーカー小僧だっ
たあなたが。胸を躍らせながら読んだスーパーカーの記事が。眠っているはず
です。漫画家?池沢早人師のここでしか見られない未発表生原稿をはじめ。
サーキットの狼連載記念や愛読者賞で位になっプラモデルやミニカー。
とてもすべてを展示することが叶わないほどの。スーパーカー小僧の夢の数々を
集めました。漫画家?池沢早人師氏がデビュー50周年。トークショーでは「サーキットの狼」におけるストーリーの逸話や池沢先生の車
歴などが語られたが。その中でも興味深かった話が「なぜ主人公?風吹裕也の
愛車はロータス ヨーロッパだったのか?」という点。 その理由

500万円から1億円オーバーまで。この漫画に登場したスーパーカーに。当時の少年達は憧れを抱いていたが。現在
のオークションでは漫画では風吹裕矢の愛車だったロータス「ヨーロッパ?
スペシャル」は。約万円で落札風吹裕矢のロータス「
ヨーロッパ」には。リアに大きなウイングが装着されていたのが特徴。

前にヨーロッパSPに乗っていましたが、加速フィーリングは86レビンに似ていました。ハコスカRのノーマルは乗ったことがありませんが、当時のカーグラを読むと、当時でもかなり遅くて、エンジンが完調であればそこそこみたいでしたが、それでも0-400で17秒台と今の軽より遅いと思われます。常にエンジンを完調に保つのが難しいと記事に書いてありました。ノーマルならロータスヨーロッパSP主人公が乗るのはSPです。ロータスヨーロッパではエンジンがDOHCではありませんの方が早いだろうね両方に乗ったことがないどころか車の免許なんて持ってない人の意見ですけど……ハコスカGT-Rエンジン 160PS車体重量 1,100㎏パワーウエイトレシオ 6,875㎏/PSロータスヨーロッパエンジン 126PS車体重量 711㎏パワーウエイトレシオ 5.64キロ/PS空力特性は不明ですが見た目でGT-Rは不利そう。パワーウエイトレシオで負けて、空力特性でも負けてそうなので、直線では勝てそうにありません。ミッドシップで軽量のヨーロッパに比べて、FRで重量の重いGT-Rではコーナーでも勝てそうにありません。パワーウエイトレシオで負けてるので、加速勝負でも負け確。結論 GT-Rは負けるでしょう。

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です